レッドバロン・JVCケンウッド・あいおいニッセイ同和損保 保険会社との動画連携などに対応したドラレコを共同開発

株式会社レッドバロン、株式会社JVCケンウッド、MS&ADインシュアランスグループのあいおいニッセイ同和損害保険株式会社(以下:あいおいニッセイ同和損保)は、保険会社との動画連携などに対応したバイク用ドライブレコーダーを共同開発し、レッドバロン会員向けに提供を開始します。どのような特徴があるのでしょうか。

事故時の対応をよりスムーズに

 株式会社レッドバロン、株式会社JVCケンウッド、MS&ADインシュアランスグループのあいおいニッセイ同和損害保険株式会社(以下:あいおいニッセイ同和損保)は、保険会社との動画連携などに対応したバイク用ドライブレコーダーを共同開発し、2021年3月からレッドバロン会員向けに提供を開始します。

3社で共同開発したドライブレコーダー用に開発された専用アプリ「ツーリングEYEs」「エマージェンシーNAVI」

 近年、重大な交通事故につながる極めて悪質・危険な行為である「あおり運転」(妨害運転)は、社会問題として取り上げられることが増えていますが、レッドバロン、JVCケンウッド、あいおいニッセイ同和損保の発表によると、四輪車のみならず、二輪車においても危険運転行為による重大事故は発生しているといいます。

 そうしたことを踏まえ、レッドバロン、JVCケンウッド、あいおいニッセイ同和損保の三社は、バイクを運転するユーザーへの安全・安心の提供およびバイクの楽しさをより多くの人に伝えるため、バイクに関連した新製品の開発や新サービスの提供に向けた取組を共同で開始。その第一歩として、バイクを運転するユーザーの「もしもの時」を護るバイク用ドライブレコーダー、および事故時の迅速な警察・救急車への出動要請やロードサービス対応を可能にした専用スマートフォンアプリを開発しています。

 アプリからダイレクトに事故映像が送信できるようになることで、ユーザーの負荷軽減につながるとともに事故状況を保険会社が正確に把握できるようになり、迅速な保険金支払いへつながることも予想される同取り組みの概要は以下のとおりです。

ドライブレコーダー装着イメージ

【バイク用ドライブレコーダー】
・バイクの外観を損なわない業界最小※レベルのカメラサイズ(前後2カメラ)を実現し、様々なバイクの車種に合わせた取付アレンジが可能。※2021年3月発売予定、バイク用ドライブレコーダーとして(2020年12月15日現在、JVCケンウッド調べ)。

・ツーリングや万一の事故時の記録等、様々なシチュエーションを想定し、Full HD画質を実現するとともにHDR機能、電子式ブレ補正機能を搭載し昼夜問わず高画質で撮影可能。

・防水防塵、耐振動などの高い耐環境性能を実現。

【専用スマートフォンアプリ「ツーリングEYEs」】
・バイク用ドライブレコーダーと無線LAN接続することで簡単に映像確認や動画のダウンロードが可能。ツーリング中に撮影した映像をすぐに確認したり、手軽にSNSへの投稿が可能。

・あいおいニッセイ同和損保の専用アプリ「エマージェンシーNAVI」と連動し、事故映像を手間なくかんたん送信可能。

【専用スマートフォンアプリ「エマージェンシーNAVI(略称 エマNAVI)」】
・あいおいニッセイ同和損保のオートバイ保険(バイクを保険の対象とした一般総合自動車保険のプラン名称)契約者向け専用スマートフォンアプリで2021年3月から提供開始。バイク用ドライブレコーダーで取得した事故時の動画をスマートフォン上であいおいニッセイ同和損保に送信できる保険業界初のアプリです。

【対象者】
本バイク用ドライブレコーダーを購入・取付、「ツーリングEYEs」をインストールし、かつあいおいニッセイ同和損保のオートバイ保険に加入したユーザー

※ ※ ※

「もしもの時」に効果を発揮する新しい取り組みがどのような成果を見せてくれるのか期待が高まります。

【了】

【画像】ドライブレコーダー装着イメージ見る

画像ギャラリー

最新記事