スズキ「GSX-R125」 希少な原二スーパースポーツの2021年モデル登場

スズキは原付二種クラスのスーパースポーツモデル「GSX-R125」の2021年モデルを発売します。新型モデルではレッドとブラックで構成された新しいカラーリングが追加されます。

軽量コンパクトな原付二種スーパースポーツ

 スズキは原付二種クラスのスーパースポーツモデル「GSX-R125」の2021年モデルを2021年1月18日に発売します。

スズキ「GSX-R125」(ストロンガーレッド/タイタンブラック)

 スズキ「GSX-R」シリーズで培った技術を投入することで最高出力11kW/10000rpm、最大トルク11N・m/8000rpmを発揮する124cc水冷単気筒DOHCエンジンを搭載するGSX-R125は、初心者から若年層、ビギナーと幅広いユーザー層が楽しめる軽量でコンパクトな車体の原付二種スーパースポーツです

 定地燃費値(60km/h 2名乗車)48.2km/リットル(国土交通省届出値)という優れた環境性能を発揮するGSX-R125では、軽量・高剛性フレームとGSX-Rシリーズの技術を投入して設計したコンパクトな車体レイアウト、ショートホイールベース、134kgの軽量・スリムなボディーなどにより、街乗りにおける扱いやすさやとワインディングにおける高い操縦性を両立しています。

 新型となる2021年モデルでは従来型で採用されていたトリトンブルーメタリック、タイタンブラックに加えてストロンガーレッド/タイタンブラックを追加。スーパースポーツモデルならではのスポーティなシルエットを強調するグラフィックが施されています。

 785mmの低いシート高による良好な足つき性も特徴となるGSX-R125の価格(消費税込)は41万5800円で、製造はスズキ・インドモービル・モーター社によって行われています。

【了】

【画像】スズキ「GSX-R125」新型モデルの画像を見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事