「完敗」を認めるも高評価! ホンダがMotoGP2020を振り返り

ホンダは2021年1月8日、MotoGP2020年シーズンの合同取材会を開催し、各ライダーへの評価や、今季に向けての目標を発表しました。

成績を残したライダーのサポートを手厚くするのは当然のこと

 新型コロナウイルスの感染拡大で、カレンダーやレギュレーションへの大きな変更が強いられた2020年シリーズは、絶対的エースであったマルク・マルケス選手の怪我による欠場など、ホンダにとって大きな苦戦を強いられた年でもありました。そんな2020年シリーズについて振り返り、ライダーへの評価や、今季についての目標を発表しました。

2020年シーズンは、各ライダー共に4機のエンジンを使用

 まず、1年間に使用したエンジンの台数について、次のように説明します。

「MotoGPは例年、レギュレーションにより年間7基のエンジンの使用が認められています。しかし、新型コロナウイルス感染拡大によるレギュレーションの変更で、2020年シリーズのエンジン使用可能台数は年間5基。ホンダとしても、各ライダー5基のエンジンを用意していましたが、さまざまな条件下により、実質使用したのは4基のみでした」

 さらに、マシンの年式についても、マルク・マルケス選手、アレックス・マルケス選手、カル・クラッチロー選手のワークスマシンでの参戦は、シーズン前に発表されていましたが、マルク・マルケス選手が負傷し欠場が決定したのちは、チャンピオン争いができる位置を走る中上貴晶選手のポテンシャルを評価し、エンジンのみ2019年型ではあったものの、それ以外に関しては2020年型へのアップデートが施されるなど、サポート体制を強化していったことが明言されました。

中上貴晶選手の2020年MotoGPシーズンは飛躍の年になった

 また、各ライダーへの評価として、中上選手については、「これまでの経験を活かせたということに加え、彼自身、毎年勝負の年だという想いでやっているのですが、そのなかでマシンをどうすれば速く走らせることができるのかという点に重点を置き、開発陣と共にデータを見ながら試行錯誤。それをすべて自分のモノにするというような、我々のマシンのポテンシャルを引き出せるスキルを身に付けてくれ、彼のポテンシャルの高さを感じました。

 よく、ワークスマシンやサテライトマシンといった話が出ますが、開発陣としてはワークスマシンやサテライトマシンというような考え方はしていないので、基本的には中上選手に合うマシンというのを、2020年シーズンの初めから用意すべく、前年から用意していたので、それが上手くいったところもあって、マシンとライダー両方のアップデートが上手くかみ合った結果、前を走れる結果となったのだと思います。ただ、中上選手の伸びしろが大きかったことも事実です」と高評価。

参戦1年目のアレックス・マルケス選手は後半戦トップ5入りを目指していたが結果は期待以上

 アレックス・マルケス選手についても、「ルーキーイヤーということで、シーズン後半でトップ5に入っていければいいかなという一つの目標を立てていましたが、結果的には期待以上でした。

 前半戦は、初めてのMotoGPマシンで初めて走るサーキットと、初めて尽くしで適応に時間がかかりましたが、タイミングとしては開発側がマシンのアップデートをするに伴って、彼がマシンのポテンシャルを引き出しやすいようになっていったこととの相乗効果で結果が出てきたのだと思っています。

 そういう意味では彼にとってもいい1年だったし、我々も結果には満足しています」と評価しました。

【画像】各ライダーの評価と2021年MotoGPに向けての目標(9枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事