ニュージーランド「FTN Motion」 独自のレイアウトを採用した新型電動バイクを公開

ニュージーランドのスタートアップ企業「FTN Motion」は、新型の電動バイクを公開しました。どのような特徴を備えているのでしょうか。

積載性を高める30Lのラゲッジスペースを採用

 ニュージーランドのスタートアップ企業「FTN Motion」は、新型の電動バイクを公開しました。

ニュージーランドの「FTN Motion」が公開した最新の電動バイク

 創業者/デザイン担当のLuke Sinclair氏、創業者/技術・生産担当のKendall Bristow氏、共同創業者/マーケティング担当のSaskia Thornton氏の3人により立ち上げられたFTN Motionは、現在でも主流の内燃機搭載のモビリティに不満を抱いたことがキッカケとなって電動バイクの開発を開始しています。

 新たに公開されたカフェレーサー風の電動バイクは、最高速度50km/h、航続距離100kmを実現したモデルで、既存の跨るタイプの電動バイクとは異なり、シート下にバッテリーを設置。

ニュージーランドの「FTN Motion」が公開した最新の電動バイク。30Lのラゲッジスペースを備えています

 一般的なバイクのガソリンタンク/エンジンにあたる箇所を収納スペースとすることで積載性が強化されています。

 電動ならではの特性を活かし、個性的で使い勝手に優れた車体構成となったFTN Motion製の電動バイク。今後の電動モデルの可能性を感じさせる意欲的なモデルといえるでしょう。

【了】

【画像】ニュージーランドの「FTN Motion」が公開した最新の電動バイクの画像を見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事