KTMジャパンが新型3機種含むストリートモデル7機種の発売を発表

KTMジャパンは、新型3機種を含む2021年のストリート(公道)モデル7機種を発表しました。2月より順次発売されます。

海外発表の2021年モデルが早くも国内ラインナップに

 KTMジャパンは、新型「890 ADVENTURE」「890 ADVENTURE R」「890 DUKE」を含む2021年のストリート(公道)モデル、全7機種を発表しました。2月より順次発売されます。

KTM「890 DUKE」(2021年型)

「890 ADVENTURE」は、ラリーマシンからのフィードバックを得て開発された軽量かつスポーティな「790 ADVENTURE」シリーズの後継機となり、排気量889ccの並列2気筒エンジンを搭載したミドルクラスのアドベンチャーモデルです。WP製サスペンションやラリーモードなどを標準装備し、オフロード走破性をさらに高めた「890 ADVENTURE R」もラインナップします。

「890 DUKE(890デューク)」もまた排気量889ccの並列2気筒エンジンを搭載し、「790 DUKE」シリーズの後継機となる、鋭い切れ味の走りが特徴のネイキッドモデルです。600ccクラスの敏捷性と大排気量ツインエンジンのパワフルさを備え、最高出力85kW(116PS)/9000rpmに約174kgの軽量な車両重量となっており、先代よりパワーウェイトレシオが向上しています。

 2020年型でフルモデルチェンジし、日本では2020年4月に発売された「1290 SUPER DUKE R(1290スーパーデュークR)」はカラーリングを変更、ブラックからオレンジとなりました。

「690 ENDURO R」と「690 SMC R」は、新しいグラフィックをまとい、ライドモードと連動してABSのモードも変更される機能が追加となりました。ダイレクトなアクセルレスポンス、トラクションコントロールのスリップ許容レベルの拡大だけでなく、ABSは前輪のみ機能するモードに変更となり、オフロードやサーキットでのより積極的なライディングをサポートするものとしています。

 7機種それぞれの販売価格、発売時期などは次の通りです。

「890 ADVENTURE」
発売予定時期:2021年4月
価格(消費税10%込み):162万9000円
エンジン形式:水冷4ストローク並列2気筒DOHC
総排気量:889cc
シート高:830/850mm(調整式)
車両重量:約200kg(燃料除く)
生産国:オーストリア

「890 ADVENTURE R」
発売予定時期:2021年5月
価格(消費税10%込み):168万9000円
エンジン形式:水冷4ストローク並列2気筒DOHC
総排気量:889cc
シート高:880mm(調整式)
車両重量:約200kg(燃料除く)
生産国:オーストリア

「890 DUKE」
発売予定時期:2021年4月
価格(消費税10%込み):126万9000円
エンジン形式:水冷4ストローク並列2気筒DOHC
総排気量:889cc
シート高:820mm
車両重量:約174kg(燃料除く)
生産国:オーストリア

「890 DUKE R」
発売予定時期:2021年2月
価格(消費税10%込み):146万9000円
エンジン形式:水冷4ストローク並列2気筒DOHC
総排気量:889cc
シート高:834mm
車両重量:約171kg(燃料除く)
生産国:オーストリア

「1290 SUPER DUKE R」
発売予定時期:2021年2月
価格(消費税10%込み):219万円
エンジン形式:水冷4ストロークV型2気筒DOHC
総排気量:1301cc
シート高:835mm
車両重量:約198kg(燃料除く)
生産国:オーストリア

「690 ENDURO R」
発売予定時期:2021年4月
価格(消費税10%込み):152万円
エンジン形式:水冷4ストローク単気筒SOHC
総排気量:692.7cc
シート高:929mm
車両重量:約149kg(燃料除く)
生産国:オーストリア

KTM「690 SMC R」(2021年型)

「690 SMC R」
発売予定時期:2021年4月
価格(消費税10%込み):152万円
エンジン形式:水冷4ストローク単気筒SOHC
総排気量:692.7cc
シート高:892mm
車両重量:約150kg(燃料除く)
生産国:オーストリア

【了】

【画像】KTMのストリートモデル7機種を見る(9枚)

画像ギャラリー

最新記事