ヨシムラ SERT Motul 参戦ライダー発表 ヨシムラカラー✕SERTブルーのニューマシンも公開

スズキは2021年シーズンからFIM世界耐久選手権(EWC)に参戦する「ヨシムラSERT Motul」のライダーラインアップを発表しました。どのような布陣で挑むのでしょうか。

新体制で挑む2021年シーズン

 スズキは2021年シーズンからFIM世界耐久選手権(EWC)に参戦する「ヨシムラSERT Motul」のライダーラインアップを発表しました。

ヨシムラSERT Motul がEWCの2021年シーズンで使用する「GSX-R1000R」。黒✕赤のヨシムラカラーに差し色としてSERTブルーが加えられています

 EWCはバイクメーカーが開発した市販車をベースに、耐久レース仕様に改造されたバイクで競われる耐久レースです。

 スズキは、ヨシムラの技術支援も受けながらフランスの「スズキ・エンデュランス・レーシングチーム(SERT)」として参戦を続けてきましたが、1983年にはじめて年間チャンピオンとなって以来、16回の年間チャンピオンを獲得するなど、華々しい記録を残してきました。

 また、ヨシムラにおいては1978年の第1回『鈴鹿8時間耐久レース』の優勝を筆頭に、数々のレースで輝かしい成績を記録。世界的なチューニングメーカー、そしてアフターパーツメーカーとして高い知名度と信頼性を獲得してきています。

 なお、2021年より新たなファクトリーチームとして参戦が決定しているヨシムラSERT Motulは、参戦ライダーとしてシルバン・ギュントーリ選手、グレッグ・ブラック選手、チャビエル・シメオン選手、渡辺一樹選手の4人を抜擢。加藤陽平チームディレクターおよび、各選手は次のようにコメントしています。

■加藤陽平チームディレクター
「新チームであるヨシムラSERT Motulにテストライダー/リザーブライダーを含めた素晴らしいライダーを迎えることができ、大変嬉しく思っています。

 2021年のライダーを決める際、私は安定性とチームへの献身性を重視し、次にスピードとチーム内のバランスを重視しました。チーム監督のダミアンの意見を尊重し、タイトルを守るためにバランスの取れたラインアップを組むことができたと感じています。

 シルバン・ギュントーリ選手も渡辺一樹選手も鈴鹿8耐のヨシムラチームに深く関わっていて、ご存知のようにシルバン選手は昨年ワールドタイトルを獲得したスズキMotoGPマシンの開発を担当していました。また、和渡辺選手は今回のEWCプロジェクトの開発ライダーでもあり、彼の仕事にはとても感謝しています。

 グレッグ・ブラック選手はSERTでハードワーカーとして活躍し、チームをチャンピオン獲得に導いてくれました。彼のル・マンスタイルのスタートはいつもとても印象的です。

 チャビエル・シメオン選手は昨年半ばにSERTに加入し、安定したスピードを見せてくれました。これまでのキャリアの中で、Moto2やMotoGPといった世界最速のスピード競技で腕を磨いてきた彼の2021年のさらなる活躍に期待しています。

 2021年シーズンは4人のライダーと一緒にチャンピオンタイトル防衛に挑戦していきます。皆さんの応援に感謝しています」。

■シルバン・ギュントーリ選手

ヨシムラSERT Motulのライダーとして選出されたシルバン・ギュントーリ選手

「この新しい挑戦はとてもエキサイティングです。過去にはチームSERT(2010年ドーハ8耐)、チームヨシムラ(鈴鹿8耐)と3度一緒にレースをしたことがあるので、耐久世界選手権に全員で挑戦できることは素晴らしいことだと感じています」

■渡辺一樹選手

ヨシムラSERT Motulのライダーとして選出された渡辺一樹選手

「ヨシムラSERT Motulの一員になれたことをとても誇りに思いますし、興奮しています。昨年のEWCでは、バイクの開発に多くの努力を費やしてきました。テストライダーとして活動するために集中して取り組んだことが新鮮で、ヨシムラスズキGSX-1000Rへの理解を深めることができました。

 コースに出るのがとても楽しみで、早くチームメイトにマシンの感触を聞きたいです。鈴鹿以外のEWCは初めての挑戦ですし、24時間レースも経験したことがないので、チームのために全力を尽くします」。

■グレッグ・ブラック選手

ヨシムラSERT Motulのライダーとして選出されたグレッグ・ブラック選手

「2020年の世界耐久選手権で優勝した後、ヨシムラ、スズキ、SERTの強力なサポートを得て、新しいシーズンを迎えるのがとても楽しみです。また、ブリヂストンとのコラボレーションも楽しみです。公式カレンダーが発表されたことで、4月のル・マン24時間レースが決定しましたので、今シーズン最初のレースに向けて100%の力を発揮できるように準備を進めていきたいと思います」

■チャビエル・シメオン選手

ヨシムラSERT Motulのライダーとして選出されたチャビエル・シメオン選手

「SERTとヨシムラのより集中的なコラボレーションにはとても満足しています。2021年の目標は、このナンバーワンをプレートの上で維持することです。チームの一員としてくつろいでいますし、GSX-R1000に乗ることを楽しんでいますし、シルバンとカズキをチームに迎えられたことも嬉しいですし、グレッグと一緒に良いチームになると確信しています」。

※ ※ ※

 なお、2021年のEWC年間スケジュールは以下の通りです。

■2021 世界耐久選手権(EWC)スケジュール
開幕戦 4/17-18  ル・マン24時間耐久/フランス
第2戦 5/23   オッシャースレーベン8時間耐久/ドイツ
第3戦 7/18   鈴鹿8時間耐久/日本
第4戦 9/18-19  ボルドール24時間耐久/フランス
最終戦 10/16   エストリル12時間耐久/ポルトガル

【了】

【画像】ヨシムラSERT Motul「GSX-R1000R」の画像を見る(17枚)

画像ギャラリー

最新記事