長きにわたりスズキ自動車を率いた鈴木修会長の退任を正式発表

スズキは、40年以上スズキ自動車を率いた鈴木修会長の退任を2021年2月24日に正式発表しました。

刀やガンマなどバイク事業も牽引してきた鈴木修会長退任

 スズキは、40年以上スズキ自動車を率いた鈴木修会長の退任を2月24日に正式発表しました。6月の第155回定時株主総会後に取締役も退任し、相談役に退きます。

2015年には、マレーシアの国民車メーカー「プロトン社」と協力関係を築いた

 鈴木修会長は、二輪のモータースポーツ活動推進やインド進出など多くの実績を残し、将来を見据えトヨタ自動車とも商品の共同開発や生産領域での協業等に取り組むため資本提携を結んでいます。

 また、昨年2020年はスズキ自動車創業100周年を迎え、MotoGP参戦60周年でスズキエクスターのジョアン・ミル選手がスズキのライダーとして20年ぶりとなるチャンピオンを獲得し、世界耐久選手権(EWC)でもスズキ・エンデュランス・レーシングチーム(SERT)が見事16度目の年間チャンピオンを獲得しています。

EWCにおいて16度目の年間チャンピオンを獲得したスズキ・エンデュランス・レーシングチーム(SERT)

 創業以来数々の二輪・四輪を含めた新型車を世に送り出し創業101年を迎えたスズキ自動車は、鈴木俊宏代表取締役社長のもと新たな船出を迎えます。

【了】

【画像】スズキ自動車の画像を見る(4枚)

画像ギャラリー

最新記事