『小野木里奈の○○○○○日和』 バイクで初めての高速道路を走って気づいた事とは?

『小野木里奈の○○○○○日和』は、バイクで初となる高速道路の走行に「う~ん!怖いけど楽しかった!」と語る小野木里奈さん。初走行の高速道路で気になったポイントや心構えについて解説します。

高速道路のメリット、デメリットとは?

 皆さんこんにちは、小野木里奈です!! なんと、私、最近バイクで人生初の高速道路を走りました~!今日はその高速道路デビューについてお話ししたいと思います。

 以前にヤマハのBOLTの試乗記を書かせていただきましたが、実は高速道路をBOLTで走ったのです。まず、先に簡単に感想。「う~ん!怖いけど楽しかった!」です(笑)。 それでは私の高速道路デビューのお話聞いてください。

初めての高速道路の走行に「う~ん!怖いけど楽しかった!」と一言

 今回高速道路で目指した先は『海ほたる』です。ということは、首都高速道路(笑) 私からすると、首都高速道路は高速道路の中でも難易度が高いという印象なんですよ。車の免許取って初めての高速道路を走るとき、首都高は避けたぐらいですし(笑)

 出口が左右どちらにもたくさんありますし、ナビを使ってもあっという間に出口が見えてくるので運転に慣れていないと混乱してしまうんです。ただ、今回はありがたいことに先頭の編集部さんの車についていくことができるので、安心しました~。

 試乗車のためETCを使用しないので、直接料金を支払いますが、このBOLTは試乗記でも書きましたが、足つきがとてもいいので安定いて停車することができます。ただ、慣れない時はきちんとスタンドを出してバイクをきちんと停めてからお金を用意するべきかなと思いました。

ETCが装備されていないモデルでも料金所では焦らずに料金を払いましょう

 まだ、私のように慣れてないライダーはその方が気持ちにも余裕ができますし、もしスタンドを出さないで、お金を出そうと両手を離している状態でバランスを崩せば、いくら足つきが良くてもバイクは倒れてしまう可能性が高いからです。そんなことしたら、さらに周囲に迷惑をかけてしまいます。一見、スタンドを出す方が手間がかかるように見えても時間を取る方が、実はずっと早くて安全なのではないでしょうか。もちろん、ETCを使用すれば、また話は変わってきますが、私自身職業柄試乗車に乗ることが多いので、それは特に感じましたね。

バイクで初走行の高速道路にワクワクドキドキ!

 それでは、ワクワクドキドキの高速道路に入りまーす! 当たり前ですが、下道と違ってスピードが速いので風がすごい(笑) 車に乗ったときは感じてませんでしたが、ある程度スピードを出すとここまで風の抵抗を受けるんですね。バイクは車と違い、体が剥き出しになっているので、「これでもか」ってほどの風を感じます。この日はまだ少し寒い日だったので、完全防寒して正解でした(笑) 最初はここまで着込むと少し暑いかな?と感じていたのですが、高速道路を走っていたら特に問題なしです! むしろちょっと暑いくらいの格好でちょうどいいのですね~ なるほど!

スピードが出る高速道路では、体温の低下にも注意しましょう

 高速道路デビューする方は、今少し暖かくはなってきましたがおそらく高速道路を走る時は体が冷えると思うので、防寒対策はしっかりしておくことをオススメします。できるだけ気持ちに余裕が持てる運転をするためにも必要だと思います。

 私たちが走行している時間帯はそこまで大渋滞というほどでもなく、都心から離れていくほど車が少なくなっていきました。最初にもお話ししましたが、今回は先頭の編集部さんの車についていきます。途中車が少し多い時、追越車線から私と編集部さんの車の前に無理矢理入ってくる車があり、その時は結構びっくりしました。もちろん、ついていく編集部さんの車も見えなくなるし、無理矢理入ってきているので、その前の車との車間距離がほとんどない状態です。ただ、とにかく冷静になるよう自分に言い聞かせ、速度を少し落として車間距離を安全な状態まで空けました。車もバイクも同様にですが、自分だけが気をつけていれば大丈夫と捉えてはいけないことを改めて認識しました。と同時に、周りを怖がらせてしまう運転は絶対にしてはいけませんね。

高速道路の安心できたポイントとは?

 一般道と違って高速道路が快適なのは、やっぱり信号がないこと、歩行者や自転車がいないことです。一定のスピードをずっと出していられるので車が少ない道路ではとても気持ちよくて楽しかったです! また、BOLTはずっしりとした車重も特徴なので風に煽られにくく、慣れていない私にもとても心強く感じました。バイクが重いという点はデメリットと思っていたのが、この高速道路を走った経験から払拭されました(笑)。

首都高速からアクララインの海ほたるPAに到着、ここから千葉県に渡ります

 なんとか安全に海ほたるに到着、私たち以外にもライダーさんがちらほら見かけられます…。色んなバイクがあってチラ見してしまいますね(笑) 少し休憩してまた走るのですが、海ほたるから千葉方面のアクアブリッジを走った時がこの日で一番の恐怖でした(笑) この場所だからなのか四方八方からの海風がものすごいのです!

 バイクが重いおかげでそこまで大きく揺れなくても、私自身の上体が風の抵抗を受けすぎてハンドルから手が離れそうなくらいでした。ここで離したら本当にやばい…と、とにかく必死で握力全開にしてハンドルにしがみついていたような気がします。風の怖さをダイレクトに感じた瞬間でしたね。でも景色がとても綺麗で、必死にバイクにしがみつきながら余裕がない中でも景色はなんとか堪能できました!

一般道とは違い1日ですが高速道路を走っただけで新たな発見がありました

 1日高速道路を走っただけでこんなにも色んな発見や体験ができました。高速道路に限らずですが、安全に快適に走行するためにも周りの人に対しての気遣いが必須であることを改めて考えさせられます。これから高速道路デビューする方は是非余裕が持てるように防寒対策や安全運転など、十分に準備した上で走行していただきたいですね。あとは、私のように慣れている方についてもらうこともおすすめします。事故を起こさないよう、安全に高速道路の運転を楽しんでいきましょう!

【画像】ヤマハ「BOLT」で初高速道路体験の画像を見る(6枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事