Geliose Mobility「Hope」登場 手頃な値段でクリーンな移動を実現する電動モペット

インドに拠点を置くブランド「Geliose Mobility」は、ペダル付きの電動モペット「Hope」を発表しました。どのような特徴があるのでしょうか。

ペダルでの走行も可能なお手軽電動モペット

 インドに拠点を置くブランド「Geliose Mobility」は、ペダル付きの電動モペット「Hope」を発表しました。

Geliose Mobilityが開発した「Hope」

 アジアの多くの国では人口密度の高い都市環境のため、日常的にはハイパワーで長距離走行可能なモデルよりも手頃で実用的な電動2輪車を求める傾向にあるといいますが、Geliose Mobilityが発表したHopeは、そうしたニーズに応えるために開発された電動モペットです。

 Hopeでは、250Wのハブモーターを搭載し最高速度は時速25kmに設定。バッテリーは、18Ah、24Ah、30Ahの3種類から選択可能で、30Ahのバッテリーを選択した場合、1回の充電で最大75kmの走行が可能といいます。

 また、Hopeは急速充電にも対応しているため、満充電まで4時間、充電が切れた場合でもペダル漕ぐことで走ることが出来ます。

 わずか647.40ドル、日本円で約7万円程度で購入が可能というHopeが今後どれほどの支持を獲得するのか注目したいところです。

【了】

【画像】Geliose Mobilityが開発した「Hope」の画像を見る(10枚)

画像ギャラリー

最新記事