ホンダ、タイ現地法人の二輪事業を一本化し、新会社を設立

ホンダのタイ現地法人であるタイホンダマニュファクチュアリングカンパニー・リミテッドは、タイにおける二輪車の生産と販売およびパワープロダクツの生産事業を一体化し、新会社を設立すると発表しました。

タイ国内の二輪車生産と販売、パワープロダクツの生産事業を一体化

 ホンダのタイ現地法人であるタイホンダマニュファクチュアリングカンパニー・リミテッドは、タイにおける二輪車の生産と販売およびパワープロダクツの生産事業を一体化することで事業体制の効率化を図ることを目的に、二輪車の販売現地法人であるエー・ピー・ホンダカンパニー・リミテッド(A.P. Honda Co., Ltd.)、二輪車およびパワープロダクツの生産現地法人であるタイホンダマニュファクチュアリングカンパニー・リミテッド(Thai Honda Manufacturing Co., Ltd.)、および持株会社であるエイチピーディーカンパニー・リミテッド(HPD Co., Ltd.)を合併し新会社を設立したことを2021年4月1日に発表しました。

タイで生産されているホンダ「ADV150」

 新会社の名称は「タイホンダマニュファクチュアリングカンパニー・リミテッド」を継続します。タイで生産され日本に輸出している二輪車は、スーパーカブC125やMonkey125をはじめCB125R、Rebelシリーズ、Forza、ADV150など数多くのモデルの生産を行っています。

タイホンダマニュファクチュアリングカンパニー・リミテッド(2012年撮影)

【新会社 タイホンダマニュファクチュアリングカンパニー・リミテッド 概要】

設立:2021年3月31日
資本金:5億5千万タイバーツ
出資比率:本田技研工業株式会社 37%
アジアホンダモーターカンパニー・リミテッド 35%
その他 28%
代表者:社長 木村 滋利
所在地:タイ・バンコク
従業員数:約9400名
事業内容:二輪車の製造・販売、パワープロダクツの製造
生産能力:二輪車 170万台/年
パワープロダクツ:完成機 18万台/年、ENG 272万台/年
※ENGラインで生産される完成機(ポンプ)は完成機能力に含まない

【了】

【画像】タイで生産されているホンダ二輪車の画像を見る(7枚)

画像ギャラリー

最新記事