ホンダ「CT125・ハンターカブ」完全新金型でプラモデル開発中 静岡の模型メーカーが組み立てサンプル画像を公開

ホンダの原付2種レジャーバイク「CT125・ハンターカブ」が1/12スケールのプラモデルとなって登場します。静岡県の模型メーカー『フジミ模型』が開発中の画像を公開しました。

ツイッター公式アカウントでチラ見せ、完全新金型で開発中

 国内外のプラモデルを製造、販売する静岡県の模型メーカー『フジミ模型』は、2021年4月27日にツイッターのフジミ模型公式アカウントで、ホンダの人気モデル「CT125・ハンターカブ」の1/12スケールのプラモデルを発売決定と投稿しました。

フジミ模型が発売決定した1/12スケールのプラモデル。ホンダ「CT125・ハンターカブ」※画像は開発中のものです

 ホンダ「CT125・ハンターカブ」は、排気量125ccクラスの原付2種に区分されるレジャーバイクです。アウトドアイメージが似合うヘビーデューティな外観は、実際に優秀なタフギアとして認知されており、荷物の積載や不整地を突き進む走破性に優れ、かつての「ハンターカブ」ブランドイメージにマッチし、2020年6月26日の発売前から年間国内販売計画8000台を超える予約があり、大きな反響と共に登場しました。

 そんなモデルをモチーフにしたフジミ模型のプラモデルは、塗装不要、接着不要の「1/12NEXT」シリーズにラインナップすることが決定し、開発中の組み立てサンプルの画像も併せてツイッターに投稿されました。

フジミ模型が発売決定した1/12スケールのプラモデル。ホンダ「CT125・ハンターカブ」※画像は開発中のものです

 同社では、これまでもホンダ「スーパーカブ」シリーズのプラモデルを多数商品化しており、ハンドルやタイヤはもちろん、スタンドやシートも実車同様に可動するギミックが定番となっています。

 発売時期や価格など「詳細は続報をお待ちください」とのコメントもあり、おうち時間の過ごし方のひとつとして、この新製品の発売はバイクファンや模型好きにとって、楽しみが増えることになるのではないでしょうか。

【了】

【画像】ホンダ「CT125・ハンターカブ」の実車画像を見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事