BMW Motorrad「C400X/C400GT」走行安定性を向上した最新ミドルサイズ・スクーター日本導入

ビー・エム・ダブリュー株式会社はBMW Motorradのミドルサイズ・スクーター「C 400 X」および「C 400 GT」新型モデルを日本市場に導入します。その進化を改めて振り返ってみましょう。

エンジンなどの改良でより上質な走りを実現

 ビー・エム・ダブリュー株式会社はBMW Motorradのミドルサイズ・スクーター「C 400 X」および「C 400 GT」新型モデルを2021年7月16日に発売します。

BMW Motorrad「C400X」最新モデル

 取り回しが容易で、中排気量域の都市型二輪車として登場した「C 400 X」および「C 400 GT」は、最高出力25kW(34ps)/7,500rpm、最大トルク35Nm/5,750rpmを発揮する排気量350ccの単気筒エンジンを搭載したミドルサイズ・スクーターです。

 新型「C 400 X」および「C 400 GT」では、エンジンの駆動を効率よく伝達するために、CVT(無段変速機)ギヤ・ボックスと、振動を抑え快適性を高めるスイングアーム・ベアリングを備えた、ねじれ剛性の高いスイング・アームを採用。

BMW Motorrad「C400GT」最新モデル

 新しい触媒コンバーターやワイド・バインド酸素センサーの採用、シリンダー・ヘッドの改良、ジェネレーター・カバー上の新しいセンサーの採用、最適化されたワイヤー・ハーネスの導入、アイドリング・スピード・レギュレーターの廃止及びアイドリング・スピード・コントロールの変更などにより、よりスムーズかつ繊細なスロットル・レスポンスとアイドリング安定性を向上させています。

 個性的な外観と優れた実用性を兼ね備えた「C 400 X」および「C 400 GT」新型モデルの価格(希望小売価格)は87万円からとなっています。

【了】

【画像】BMW Motorrad「C400X」「C400GT」最新モデルの画像を見る(15枚)

画像ギャラリー

最新記事