スペイン留学中のバイクタレント 電動スクーターのシェアリングサービス“YEGO”で渡西後初のライディング

スペインへ語学留学中のバイクタレント兼こうのす観光大使・岸田彩美さんは、現地の電動シェアスクーターサービスを留学後、初めて利用しました。どのような仕組みなのでしょうか。

留学先でついにバイクデビュー

 こんにちは。バイクタレントの岸田彩美です。今回は、留学してから初めてバイクに乗った記念日についてご紹介します。

留学先のスペインで電動スクーターを利用するバイクタレントの岸田彩美さん

 5月29日にバレンシアで初めてバイクに乗ったのですが、この日がちょうどスペイン生活をスタートさせた日からちょうど2カ月でした。
 
 バイクに乗る為にライディング用品を購入したり、交通事情を視察・イメトレをしてきました。特にランアバウトはどんな走り方をすればいいか、じっくり観察しましたね。

どのバイクに乗ったの?

 スペインでバイクを所有することは難しいので、電動スクーターのシェアリングサービス“YEGO”の車両に乗りました。

バイクタレントの岸田彩美さんが利用した電動スクーターのシェアリングサービス“YEGO”の車両

 実はバレンシア内には数種類の電動シェアスクーターサービスがあるのです。その中で一番見た目が可愛いかったので、このバイクに乗ることにしました(単純)。

使うための準備は?

 登録方法は全てアプリで完了します。名前や住所などの情報を入力し、日本で取得してきた国際免許証やパスポートの写真を撮って、許可が降りれば乗る事が出来ます。

バイクタレントの岸田彩美さんが利用した電動スクーターのシェアリングサービス“YEGO”のアプリ

 私は不安だったので、カスタマーセンターのサポートチャットを利用して、このライセンスで乗ることが出来るのか? 等確認をしたところ、問題ないとのことでした(くわしい手続き方法等はまた改めてシェアスクーターのまとめ記事を書きたいと思っています!)
 
 スマホが鍵代わりになるイメージです。アプリで予約し、車両の近くに行ってロック解除をすればすぐに乗ることができます。ヘルメットはあらかじめリアボックスに積載されているので、荷物も必要最低限でOKです。私は自分のヘルメットを使いたいので持参しました。
 
 また電動スクーターなので、とにかく音が静かなので、環境にも優しい車両ですね。

 利用完了する時は、バイクを近くにある駐車場に停めて、スマホでバイクと駐車した場所を撮影すれば完了です。
 
 借りた場所に返すとか、決められた場所に停める必要はありません。YEGOスクーターは1分0.25ユーロで利用可能です。

ハプニングもありました!

 今回は海の近くに行った後、バレンシア植物園を観察し、近くのバルで搾りたてオレンジジュース(zumo de naranja)だけ飲んで帰りました。バレンシアといえばオレンジですから♪♪

バイクタレントの岸田彩美さんがバレンシア植物園近くのバルで飲んだ搾りたてオレンジジュース

 今回は試し乗りと、ランアバウト練習が目的で小一時間ほど乗っただけでしたが、疲労困憊(笑) しかし綺麗な建物が多く、ただ走るだけで楽しい。もっと色んな場所へお出かけできるように、練習を重ねます!!

 このYEGOスクーターはモペット(50cc以下の原動機付自転車の事)に分類される為、最高速度も時速50kmまでしか出すことが出来ません。しかし2人乗りは可能です(免許制度を確認しましたが、許可されていました)。これは日本と違うところですよね。YEGOスクーターにタンデムで移動している方もよく見かけます。

 しかし私一人で乗ってみた感じ、少々パワー不足を感じました。道路を走る車たちの速度が速すぎて波に乗りにくい……。おとなしく一番右側をゆっくり走っていましたが、後ろに車両が来ると煽られている感じがして……(自意識過剰)チキンな私には少々ヒヤヒヤしちゃいました(笑)。
 
 また、日本とは反対の右側通行なこと、信号機が少なくランアバウト・ロータリー交差点が多くてすごく怖かった……。これは慣れるしかないので、少しずつ練習を重ねていくしかありません。
 
 実は私……高速道路を200mほど走ってしまったのです。もちろんこの車両も高速道路は通行不可です。
 
 日本みたいに高速道路に乗る時にゲートがあるわけではありません。ナビの案内通りに進んでいったら、急に標識最高速度が80kmになり、おかしいと思ってすぐに側道に入って確認したところやはり間違えていました。 
 
 まさか高速道路に乗ってしまうなんて想定外。今でも思い出すだけで怖いですし、二度としません。ごめんなさい。

二輪車利用に適したインフラ

 今回やっと「バレンシアでバイクに乗る」という一つ目標がクリアできました。達成感に満ち溢れております(笑)バイクに乗る中で様々な疑問や気になる事も出てきたので、また自分の糧になる用調べていきたいと思います。

 そしてこのシェアバイクが多く活用されている背景には、二輪車利用に適した環境があるからだと肌で感じました。特に重要なのが駐車場問題。無料で停められるバイクの駐車場が多く整備されています。

スペイン・バレンシアに留学中のバイクタレントの岸田彩美さん。二輪車利用に適した環境があることを肌で感じたようです

 また歩道に停める時のルールも決められているので、歩道に駐車も可能です。停める場所がない…と感じる事はほぼ無いと思います。
 
 便利に使うことができるからこそ、人々の足としてバイクが利用されているんだなと思います。
スペインのバイク利用環境についてもまた改めてお伝えしますね。

 最後までご覧いただき、ありがとうございました。これからも安全運転で、健康に気を付けてスペイン生活楽しみます!!

【了】

【画像】バイクタレントの岸田彩美さんが利用したシェアリングサービス“YEGO”の電動スクーターを見る(8枚)

画像ギャラリー

Writer: 岸田彩美

食べる事とインコが大好き。愛称:あやみん。2011年駒澤大学準ミスグランプリを取得後、ツインリンクもてぎのイメージガール、ツインリンクもてぎエンジェルを務めた。任期中に様々なバイクの楽しみ方に出会いその魅力に心を奪われた。トライアルデモンストレーション、MotoGP 日本グランプリでステージMCなどバイクのイベント出演や司会も務める。

最新記事