Davinci Tech「DC100」登場 無数の電子センサーを搭載した最新電動バイク

新興企業「Davinci Tech」が新しい電動バイクの予約を開始しました。どのような特徴を備えているのでしょうか。

個性的な外観の最新電動バイク

 2013年に設立された中国の新興企業「Davinci Tech」は、7年間かけて開発してきた電動バイク「DC100」の予約を中国国内で開始しました。

中国の新興企業「Davinci Tech」が開発した電動バイク「DC100」

 中国の清華大学の11の学部から構成されているDavinci Techは、「あえて想像することで、より多くの創造が可能になる」という目標を掲げた技術革新企業です。

 ゼロから設計し、過去7年間に渡って工業グラフィックデザイン、3Dエンジニアリングモデリング、機械構造設計、機械構造製造、車両制御システム研究開発、車両装備とテストを繰り返すことで誕生した量産車「DC100」は、安全性と効率性を追求した無数の電子センサーを搭載した最新の電動バイクです。
 
 周囲の温度、バッテリーとモーターの温度、周囲に対するバイクの位置を感知する機能などを備えたDC100では、スムーズな発進と低速域での扱いやすさを実現するために、運転支援機能を搭載。
 
 四輪のAT車のように「D」のギアを選択すると時速7kmまで自動的に加速しますが、坂道や下り坂をセンサーで検知し、上り坂ではアシスト機能、下り坂ではエンジンの自動ブレーキ機能を採用したほか、駐車時に便利なリバースギアも搭載されています。

中国の新興企業「Davinci Tech」が開発した電動バイク「DC100」

 また、DC100では前輪と後輪の速度差をセンサーで計測し、後輪がスリップし始めたことを感知するとパワーをカットするトラクションコントロールも採用。惰性走行時やブレーキ時にバッテリーをわずかに充電するパワーリカバリーシステムも搭載しています。

 そのほか、DC100ではスマートフォンと同様にOTA(Over-The-Air)方式でのソフトウェアのアップデートが可能となっています。

 なお、DC100のバッテリーと電動パワートレインの正確なスペックは明らかにされていませんが、Davinci Techは現在、急速充電システムの開発を進めており、バッテリーの残量がゼロの状態から85%まで、わずか15分で充電できるようにしたいと考えているといいます。

 様々なメーカーが取り組む二輪の電動化。今後もどのようなモデルが登場するのか、期待が高まります。

【了】

【画像】中国の新興企業「Davinci Tech」が開発した電動バイク「DC100」の画像を見る(9枚)

画像ギャラリー

最新記事