アウトドアに究極の選択肢 ヤマハのフィッシングボート「F.A.S.T.23」がマイナーチェンジし発売!

ヤマハ発動機は、フィッシングボート「F.A.S.T.23」をマイナーチェンジし、2021年10月に発売します。

航続距離を伸ばし、アウトドアレジャーファン層の取り込みを図る

 近年、人々のアウトドアレジャーへの関心が高まるなかヤマハ発動機は、釣りやすさと機能性に定評のあるフィッシングボート「F.A.S.T.23」をマイナーチェンジし、2021年10月に発売します。

ヤマハ発動機のフィッシングボート「F.A.S.T.23」

「F.A.S.T.23」は、優れた走行性能、安定性と風流れ抑止性能に加え、釣りのしやすいデッキレイアウトなど機能性に定評のあるフィッシングボートのロングセラーモデルです。

 今回のマイナーチェンジでは、洗練されたインパクトのある外観プロフィールを採用しています。ガンメタリックカラーのハードルーフとデザイン性の高いウインドウを備えたハードトップ(操縦者のいるコックピット部分)に加え、ハル(艇体)は新グラフィックとしエクステリアに変更を加えました。また、燃料タンク容量を増量することで航続距離を伸ばしています。

90馬力を発揮する搭載船外機「F90C」

 また、搭載船外機は「F90C」(90馬力)、および「F115B」(115馬力)の2バリエーションをラインアップしています。

■フィッシングボートとしての優れた機能性

・ヤマハ独自の「W.T.B.(ウェーブ・スラスター・ブレード)」とフラットキールを融合させた船底形状により、停止時の風流れを抑えるほか、乗り心地の良い軽快な走行性能を発揮。

・全周を移動できるウォークアラウンドタイプのデッキレイアウトを採用。ブルワーク(デッキ上の手すり部分)の高さは着座しての釣りに適した低めに設定。また、キャスティングレールをオプション設定することで、さまざまなフィッシングスタイルに対応します。

■より洗練されたデザインと機能性

・ガンメタリックカラーのハードルーフとデザイン性の高いウインドウを備えたハードトップを採用し、ハルの新グラフィックと併せ、洗練されたインパクトのある外観プロフィールとなっています。

・新デザインのハードルーフは、サイズアップし、前方においてサンバイザー効果を、後方においてはウォーターガードの効果を高めています。

・燃料タンクを従来の75リットルから100リットルに増量し、航続距離を伸ばしています。

「F.A.S.T.23 F90C」の価格(税込)は408万9800円、「F.A.S.T.23 F115B」は、424万6000円。国内年間販売計画は、2隻合わせて80隻です。

※ ※ ※

ヤマハ発動機のボート免許教室の受講者数も前年を上回り、レンタルボートクラブ「Sea-Style」(シースタイル)の入会者数も増加するなど、エントリー層の関心の高さが近年伺えます。こうした市場動向のなか、エントリー層にも人気のフィッシングシーンにおいて釣りやすさや機能性を重視したフィッシングボート「F.A.S.T.23」のマイナーチェンジを行います。

なお、一般販売に加えレンタルボートとしての需要も見込み、順次「Sea-Style」への配備も予定しています。

【了】

【画像】フィッシングボート「F.A.S.T.23」の画像を見る(4枚)

画像ギャラリー

最新記事