ヤマハの新しい船外機「VMAX SHO」を9月に発売

ヤマハ発動機は、主に米国で人気があるバスフィッシング専用のバスボートおよび船外機の総需要に応えるため、バスボートへの搭載に特化した船外機「VMAX SHO」シリーズに「F275B」「F250Q」「F225L」の3モデルを加え、2021年9月より発売します。

約10年ぶりとなるモデルチェンジで電子機器・アクセサリー需要に対応

 ヤマハ発動機は、バスボートへの搭載に特化した船外機「VMAX SHO」シリーズに「F275B」「F250Q」「F225L」の3モデルを加え、2021年9月より発売します。

バスボート向けに開発されたヤマハ発動機の船外機「VMAX SHO」

 新型「VMAX SHO」の3モデルは、いずれもV6/4.2Lのパワーユニットを採用し、加速・スピード性能に定評のあるハイパフォーマンスモデルをベースに開発。充電・発電能力の大幅な向上を実現したほか、容易かつ的確なチルト操作をサポートする独自の「TotalTilt」の機能を有しています。

 また、外観デザインとグラフィックを一新し、ヤマハ発動機らしい船外機のスタイリングを維持し、立体グラフィックを採用するなど、次世代船外機のイメージとしています。

新しい立体グラフィックを採用したヤマハ発動機の船外機「VMAX SHO F250 QET1 L」

 また、近年のバスフィッシングに対応するため、魚群探知機やデジタルメーターパネル、パワーポールなど、様々な装備品が発達・増加し、これらの需要に対応するため、従来比で約40%増の発電能力の向上を実現。また、油圧式のステアリングに対応するシンプルなリギング仕様を継続し、換装(エンジンの載せ替え)を含む、幅広いボートへの搭載を可能にしています。

●優れた加速性・スピード性能

 加速性能、スピード性能のほか、クルージング時の燃費性能や低振動性、低騒音など、VMAX SHOシリーズの優れた性能を引き継いでいます。

●発電能力の向上

 発電能力を従来の50アンペアから70アンペアとし、約40%の向上。当社製CL5、CL7など、最新のデジタルゲージ、電子機器、電子アクセサリー等の設置・増設に余裕を持って対応。

●簡単かつ的確なチルトシステム

 ダブルプッシュするだけで、自動でチルトアップ/ダウンが容易にできる、「TotalTilt」の機能を搭載。あらかじめ任意のチルトアップ角度を設定することでお好みのレンジで自動停止させることも可能です。

 価格(税込)は、「F275BET1 L」242万3300円、「F250QET1 L」235万7300円、「F225LET1 L」228万9100円です。なお、3モデル合計の国内年間販売計画は70台。

※※※

 ヤマハ発動機の新しい船外機「VMAX SHO」の名前を見た時には、バイクの「VMAX」を思い浮かべた方も多いはずです。2017年8月に国内での販売を終了したバイクの「VMAX」ですが、次世代の登場は、将来あるのでしょうか。

【了】

【画像】ヤマハの船外機「VMAX SHO」を画像で見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事