イタリアのロードレースバイク(自転車)ブランド「CIPOLLINI(チポッリーニ)」から2022年新型「RB1K AD.ONE」登場

イタリアのロードレースバイク(自転車)ブランド「CIPOLLINI(チポッリーニ)」が2022年新型「RB1K AD.ONE」を発表しました。どのような特徴があるのでしょうか。

元トッププロ選手が手掛ける、最新のエアロロードバイク

 イタリアのロードレースバイク(自転車)ブランド「CIPOLLINI(チポッリーニ)」が2022年新型「RB1K AD.ONE」を発表しました。どのような特徴があるのでしょうか。

チポッリーニ「RB1K AD.ONE」(2022年型)

「チポッリーニ」というブランドは、元トッププロ選手のレジェンド、マリオ・チポッリーニ氏が自らの名を冠して起こした自転車ブランドです。選手時代は生粋のスプリンターで、1990年から2000年中盤まで活躍し、ツール・ド・フランスやジロ・ディタリア、世界選手権などで多くの勝利(191勝!)を手にした名選手です。ダイナミックな走りが印象的でしたが、自ら手がける自転車も、イメージ通りのスパルタンなデザインです。

 2022年のニューモデル「RB1K AD.ONE」は、空気抵抗を軽減するためにエッジの効いたデザインにするタイムトライアルバイクの構造を取り入れた最新のエアロロードバイクです。その空気抵抗を低減させる高次元の設計に加え、「チポッリーニ」全モデルに共通する安定したハンドリングと巡行性能が特徴となっています。

 フレームに採用されるカーボンチューブは、サイズに合わせてそれぞれ専用設計されており、モノコックフレームでありながら全サイズにおいてバラつきのないフィーリングを追及しています。

 また、ブランドとして初めてチタニウム製のスルーアクスルを採用することで、衝撃吸収性やコントロール性能など、バランスに優れた理想的な剛性を実現し、「チポッリーニ」史上最強とも言えるエアロロードバイクとなっています。

「RB1K AD.ONE」を駆るマリオ・チポッリーニ氏。現役時代よりも筋肉質に

 チポッリーニ「RB1K AD.ONE(アールビーワンケー・アドワン)」の価格(消費税10%込み)は76万7800円(フレーム、フロントフォーク、専用シートピラー、チタンスルーアクスル、フレーム小物を含むセット価格)、カラーバリエーションは全3色です。すべて受注生産となり、購入の予約は全国の「Y’s Road(ワイズロード)」直営店舗、およびワイズロードオンラインにて受付を開始しています。

【了】

【画像】チポッリーニ2022年型「RB1K AD.ONE」の画像を見る(5枚)

画像ギャラリー

Writer: 山本健一

サイクルジャーナリスト(人力バイクのほう)。ジャーナリスト歴20年、自転車競技歴25年の公私ともに自転車漬け生活を送る。新作バイクレビューアー、国内外レースイベントやショーの取材、イベントディレクターなど、活動は多岐にわたる。

最新記事