電子デバイスが充実し過ぎ? アプリリア「RS660」は扱いやすいミドルクラスのスーパースポーツだった

アプリリア「RS660」は、2021年に新型としてリリースされた排気量659ccの並列2気筒エンジンを搭載するミドルクラスのスーパースポーツモデルです。試乗しました。

ミドルクラスのスーパースポーツにも充実過ぎる電子デバイスが

 筆者(伊丹孝裕)は、バイクに乗ってあれこれ書いたり、しゃべったりする仕事をしていると、スポーツ走行を好むライダーから相談を受けることがあります。曰く、「リッタークラスのスーパースポーツとミドルクラスのスーパースポーツとどちらがいいでしょう?」というものですが、その質問の意図はおおよそ次のような感じです。

アプリリア「RS660」(2021年型)に試乗する筆者(伊丹孝裕)

“そりゃあ200PSオーバーのマシンが魅力的だけど、そんなモンとても乗れそうにないし、だからといって素直にミドルクラスを選んだのでは見栄を張れず、弱腰に思われるのもシャクだ。でも、そのスジの人がすすめてくれるなら言い訳も立つから、後押ししてくんないなかぁ”

 ハイ、その気持ちよく分かります。とはいえ、これまでは車体価格がネックにならないのであれば、リッタークラスをおすすめしてきました。なぜなら排気量が大きいため圧倒的にトルクフルで、もしもの時は隅々まで張り巡らされた電子デバイスがライダーのスキルをフォロー。無茶をしなければ、こちらの方が扱いやすくてセーフティ機能も高かったからです。

 反面、近年のミドルスーパースポーツは高回転&高出力化が進んだ分、低速トルクは希薄でピーキーさが目立っていたのが実情でした。しかも電子デバイスは無いに等しいか、簡易的な制御に過ぎず、結構ピンポイントな操作を要求されたのです。

排気量659ccの水冷並列2気筒DOHC4バルブエンジンを搭載するアプリリア「RS660」は、最高出力100HP/10500rpm、最大トルク67.0Nm/8500rpmを発揮する

 MVアグスタが「F3 675」とは別に「F3 800」をラインナップし、カワサキの「Ninja ZX-6R」にはレース用の599cc版とストリート版の636ccがあるのもトルクを稼ぐための策。そんな中、2020年秋にホンダ「CBR600RR」がモデルチェンジを受け、ようやくバランスのいいミドルスーパースポーツが登場することになりました。

 さて、本題はここから。冒頭のような相談を受けた時、その解答が新型「CBR600RR」の一択というのもあまりにも寂しい。そう思っていたところ、この2021年夏からデリバリーが始まったモデルがアプリリアの「RS660」です(2020年12月より予約開始)。

 このモデルには659ccの並列2気筒エンジンが搭載され、183kgの車重に対してちょうどいい100HPの最高出力を発揮。デザインは同社のフラッグシップ「RSV4ファクトリー」に負けず劣らずアグレッシブなもので、サイドカウルにはMotoGPマシン譲りのボックス状ウイングも装備する本格派です。

 なにより注目すべきは、充実し過ぎているエンジンの電子デバイスでしょう。ライディングモードにはストリート向けに3パターン、サーキット向けに2パターンが設定されているほか、トラクションコントロール(8段階+OFF)、ウィリーコントロール(ON/OFF)、コーナリングABS(3段階+リアのOFF)、エンジンブレーキコントロール(3段階)、クイックシフター(UP/DOWN)、クルーズコントロールと、現状考えられるほとんどの制御を投入。しかも、電源供給には超軽量のリチウムイオンバッテリーを採用しているところからも本気度がうかがえます。

シート高820mmの車体に身長174cmの筆者(伊丹孝裕)がまたがった状態。片足だとブーツの底全面が接地する

 820mmのシート高はこのクラスのスーパースポーツとしては平均的ながら、ハンドル位置は高く、上体は見た目よりずっとリラックスして乗ることができます。エンジン特性もそれに見合ったもので、エッジの効いたスタイルとは裏腹に、スロットルレスポンスは基本的にリニアそのもの。ライディングモードをよりダイレクトなダイナミック(ストリート向け)やタイムアタック(サーキット向け)に切り換えるとパワーがグッと盛り上がりますが、それも高回転に限った話で低中速域のフレキシビリティはまったく損なわれることなく、スムーズに加速することが可能です。

 むしろ高回転を多用すると振動が多くなるため、2気筒らしく中回転域の優れたピックアップを駆使しながら走らせた方が車体はキビキビと反応。心地いいトラクションを感じながらコーナーを力強く立ち上がることができるはず。このあたりのジェントルな味つけが好印象でした。

「RS660」のとくに優れている点は、コーナーにおける自由度の高さです。フレームも足まわりも全体的に当たりが柔らかく、特別な入力を意識しなくても小さな半径で車体は旋回。ライディングの醍醐味は美しいコーナリング軌跡にありますが、このモデルなら小難しい技術や理屈を意識することなく、それを描くことができます。

クルーズコントロールまで搭載する、充実し過ぎている各種電子デバイスの選択や設定は、ハンドル左のスイッチボックスから操作する

 リッタースーパースポーツだと怖さが顔を覗かせる場面でも、「RS660」なら手の内に収まっている感覚が強く、サーキットでもワインディングでも存分にスポーツ性を堪能できるはず。ライディングスキルのアップを望むなら、いい指南役になってくれるでしょう。

※ ※ ※

 アプリリア「RS660」の車体価格(消費税10%込み)は、139万7000円です。カラーには、エイペックスブラック、ラバレッド、アシッドゴールドの3色が用意されています。

【了】

【画像】アプリリア「RS660」(2020年型)の詳細を見る(15枚)

画像ギャラリー

Writer: 伊丹孝裕

二輪専門誌「クラブマン」編集長を務めた後にフリーランスとなり、二輪誌を中心に編集・ライター、マシンやパーツのインプレッションを伝えるライダーとして活躍。マン島TTやパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムなど、世界各国のレースにも参戦するなど、精力的に活動を続けている。

最新記事