KTMジャパンが2022年型としてジュニア向けの特別なモトクロスマシン「50 SX FACTORY EDITION」を発表

KTM Japan株式会社は、2022年型としてジュニアレーサー向けの特別なモトクロスマシン「KTM 50 SX FACTORY EDITION」の発売を発表しました。

KTMのワークスマシンをイメージした小さな本格仕様車

 KTM Japan株式会社は、2022年型としてジュニアレーサー向けの特別なモトクロスマシン「KTM 50 SX FACTORY EDITION」を2021年10月より発売することを発表しました。価格(消費税10%込み)は52万5000円です。

KTM「50 SX FACTORY EDITION」(2022年型)

 KTM「50 SX FACTORY EDITION」(2022年型)は、世界トップレベルのレースで培われた知識と経験を注いで開発された、排気量49ccの2ストローク単気筒エンジンを搭載するジュニアレーサー向けのスポーツミニサイクルです。

 変速機はKTMが開発した遠心式マルチディスクオートクラッチを搭載した1速オートマチックでクラッチ操作を必要とせず、車両重量(半乾燥)は約41.5kg、シート高は665mmとジュニア向けに扱いやすい車体としながら、サスペンションは前後に高性能なWP製XACTシステムを装備し、ブレーキは前後ともに油圧式ディスクを採用しています。

 また、特別仕様としてFMF製エキゾーストシステムやCNC加工の鍛造アルミニウム製パーツ、ダンロップ製「Geomax MX53」タイヤなどグレードの高いパーツを標準装備し、スタイリングはブルーのグリッパーシートや専用グラフィックにより、ワークスマシンをイメージしたものとなっています。

「KTM 50 SX FACTORY EDITION」(2022年型)主要諸元
価格(消費税10%込み):52万5000円
発売予定時期:2021年10月
エンジン形式:水冷2ストローク単気筒
総排気量:49cc
始動方式:キックスターター式
変速機:1速オートマチック
フロントサスペンション:WP製XACT35倒立フォーク
リアサスペンション:WP製XACTモノショック
タイヤサイズ(F):60/100-12
タイヤサイズ(R):2.75-10
車両重量:約41.5kg(半乾燥)

※競技専用車輌です
※保証期間は1カ月です
※主要諸元の値はEU仕様のものです。日本仕様では値が異なる場合があります

【了】

【画像】KTM「50 SX FACTORY EDITION」(2022年型)を見る(4枚)

画像ギャラリー

最新記事