ショッピングモデル最軽量! パナソニックが電動アシスト自転車「ビビ・SL」を発売

パナソニック サイクルテックが、新しいカルパワードライブユニットを搭載したショッピングモデルで業界最軽量の電動アシスト自転車「ビビ・SL」を、2021年12月3日より発売します。

カルパワードライブユニット搭載

 パナソニック サイクルテックは、新しいカルパワードライブユニットを搭載したショッピングモデル業界最軽量(2021年9月10日時点 型式認定を受けている国内電動アシスト自転車24型、26型フロントバスケット、リヤキャリヤ、両立スタンド標準装備モデルにおいて)の電動アシスト自転車「ビビ・SL」を2021年12月3日に発売します。

パナソニック サイクルテックの新型電動アシスト自転車「ビビ・SL」

 電動アシスト自転車の市場は年々拡大し、普段の買い物や子どもの送り迎えなど、さまざまな用途で使用されています。また、近年は、中高生の通学や高齢者の運転免許自主返納後の移動手段などにも選ばれています。

 しかし、電動アシスト自転車はモーターのアシストにより快適に移動ができる反面、一般的な自転車と比べ車体が重く、駐輪時の持ち上げや、押し歩き時の取り回しのしづらさが課題といえます。

 そこでパナソニック サイクルテックはドライブユニット、フレーム、バスケットなどを軽量化し、ショッピングモデル業界最軽量となる19.9kgの電動アシスト自転車、ビビ・SLを開発しました。

 同モデルは、軽量化により駐輪時の持ち上げや押し歩き時の取り回しがよりしやすくなっています。

 また、新設計のかるらくアルミフレームは、乗り降りのしやすさに加え、乗車中の膝の曲げ伸ばし負荷も軽減。バスケットには新たにカーボンを配合することで、軽さと剛性を兼ね備えた設計とされています。

 パナソニック サイクルテックは、電動アシスト自転車の軽量化をはじめとする最先端の技術開発で、今後もユーザーの更なる利便性と快適性を高めていくとともに、新たな価値を提案していくと発表しています。

■製品特徴

・2軸モーター 業界最軽量、カルパワードライブユニット搭載
・強度を保ちながら軽量化を実現した、かるらくアルミフレーム
・軽さと剛性を備えたカーボン配合軽量バスケット
・品名:ビビ・SL
・製品価格(消費税込):12万5000円

【了】

【画像】ショッピングモデル最軽量の電動アシスト自転車 パナソニック「ビビ・SL」を画像で見る(5枚)

画像ギャラリー

最新記事