新型着脱式可搬バッテリーを活用したサービスを2022年前半にインドで開始

新型着脱式可搬バッテリー「モバイルパワーパック e:」を用いたインドの電動三輪タクシーE-AUTOリキシャ向けのバッテリーシェアリングサービス事業を2022年前半に開始する。

バッテリーシェアリングサービス事業をインドで開始

 ホンダは、新型の着脱式可搬バッテリー「Honda Mobile Power Pack e:(モバイルパワーパック e:)」を用いたインドの電動三輪タクシー(リキシャ)向けのバッテリーシェアリングサービス事業を2022年前半にインドで開始します。

新型着脱式可搬バッテリー「モバイルパワーパック e:」を用いたインドの電動三輪タクシーE-AUTOリキシャ

 インドでは経済発展に伴い、エネルギー需要が拡大すると同時に大気汚染が深刻化しており、国を挙げて再生可能エネルギーの活用拡大を進めるとともに、温室効果ガス排出の約2割を占める輸送部門の電動化を積極的に推進しています。

 リキシャは、800万台以上保有され、人々の日常の移動手段として欠かせない乗り物で、都市部では主にCNG(圧縮天然ガス)を燃料としており、電動化への重要な課題となっています。

 現在の電動モビリティには「短い航続距離、長い充電時間、高いバッテリーコスト」という3つの課題があります。ホンダはバッテリーを交換式とし、シェアリングすることでそれらの課題を解消し、電動化の加速と再生可能エネルギーの活用拡大に貢献、モバイルパワーパックe:を用いたリキシャ向けのバッテリーシェアリングサービス事業を2022年前半に開始します。事業化検討は、2021年2月からインドで実証実験を行い、30台のリキシャで20万キロ以上の営業走行を実施して、課題の洗い出しや事業性の検証などを行っています。

新型着脱式可搬バッテリー「Honda Mobile Power Pack e:(モバイルパワーパック e:)」

 リキシャ向けバッテリーシェアリングサービスは、街中に設置された最寄りのバッテリー交換ステーションで、電池残量の少なくなったモバイルパワーパックe:を満充電のものと交換できるサービスです。リキシャのドライバーはこのサービスを利用することで、電池切れの心配や、充電待ちで利用客を失うリスクを大幅に軽減できます。

 このサービス開始にあたり、ホンダはインドにバッテリーシェアリングサービス事業を目的とした現地法人を設立して、街中にバッテリー交換ステーション「Honda Mobile Power Pack Exchanger e:(モバイルパワーパックエクスチェンジャーイー)」を設置し、モバイルパワーパックe:の貸し出しを行います。

■本田技研工業株式会社 ライフクリエーション事業本部長 加藤 稔氏のコメント

「モバイルパワーパックには、小型モビリティを含むさまざまな機器の電動化と、再生可能エネルギーの活用拡大を実現する大きなポテンシャルがあります。インドでのバッテリーシェアリングサービス提供により、リキシャの電動化加速と、再生可能エネルギー活用拡大に貢献していきます。そして、今後はさらにさまざまな領域にモバイルパワーパックの活用を拡大し、生活の可能性が拡がる喜びを提供していきます」

■Honda Mobile Power Pack e:概要

 従来のモバイルパワーパックより電池容量を増大し、1.3kWh以上の大容量電力を貯蔵できる着脱式・可搬型のリチウムイオンバッテリー。実証実験で得たユーザーの声を反映し、使いやすさとハンドリングの良さを徹底的に追求したボディーとハンドル形状になっています。

※ ※ ※

電動三輪スクーター「GYRO CANOPY e:(ジャイロキャノピー イー)」

 日本では、モバイルパワーパック e:を動力源に使用した、屋根付きのビジネス用電動三輪スクーター「GYRO CANOPY e:(ジャイロキャノピー イー)」を、法人向けに10月29日に発売しています。

【了】

【画像】新型着脱式可搬バッテリー「モバイルパワーパック e:」の画像を見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事