カワサキ「Ninja 650」シリーズ2022年カラー発表 新色登場でさらにスポーティに!

カワサキは2021年11月15日に「Ninja(ニンジャ)650」シリーズの2022年モデルを公開しました。新型モデルでは新しいボディカラーが採用されています。

KRTエディションも継続販売

 カワサキは「Ninja(ニンジャ)650」シリーズの2022年モデルを2021年12月17日に発売します。

 2022年モデルでは「Ninja 650 KRTエディション」がライムグリーン×エボニー(GN1)、Ninja 650がパールロボティックホワイト×メタリックカーボングレー(WT1)を採用しています。

カワサキ「Ninja 650」2022年モデル

「ファン・スタイル・イージー」のコンセプトをもとに開発されたNinja 650は、軽量でスリムなシャーシに低中回転域の力強さを重視したパラレルツインエンジンを搭載。軽快且つエキサイティングな走りを楽しむことができるモデルです。

 スタイリングは、ニンジャシリーズ共通のスポーティなイメージとなっており、LEDヘッドライトや4.3インチTFTカラー液晶スクリーンを採用することで、先進性と高級感を演出。アップライトで足つきの良いライディングポジションや軽量な車体により、ビギナーからベテランまで親しみやすいマシンキャラクターとなっています。

カワサキ「Ninja 650 KRTエディション」2022年モデル

 また、KRTエディションの車体デザインには、スーパーバイク世界選手権で戦う「Ninja ZX-10RR」をイメージしたカラーリングを採用。よりスポーティなイメージを身にまとっています。

 Ninja 650シリーズ2022年モデルの価格(消費税込)は91万3000円です。

■主な変更点
・型式および型式指定・認定番号の変更(新排出ガス規制適合のため)
・上記に伴い燃料消費率(WMTCモード)表示値の変更(23.6km/L→23.0km/L)
・カラー&グラフィックの変更(KRT エディションのカラーは継続)

■主要諸元
・車名(通称名):Ninja 650 KRTエディション/Ninja 650
・全長×全幅×全高:2055mm×740mm×1145mm
・エンジン種類/弁方式:水冷4ストローク並列2気筒/DOHC 4バルブ
・総排気量:649cm3
・車両重量:194kg
・燃料タンク容量:15L

【了】

【画像】カワサキ「ニンジャ650」シリーズの新型モデルを画像で見る(16枚)

画像ギャラリー

最新記事