ヤマハ「XSR700」シリーズ新型公開 往年の名車のイメージを踏襲すると共に細部をアップデート【EICMA 2021】

ヤマハは、モデルチェンジした「XSR700」シリーズ(海外仕様車)を2021年11月25日からイタリア・ミラノで一般公開されているバイクの見本市「EICMA 2021」で公開しました。どのような仕様になっているのでしょうか。

往年の名車を彷彿とさせる最新XSR700

 ヤマハは、モデルチェンジした「XSR700」シリーズ(海外仕様車)を2021年11月25日からイタリア・ミラノで一般公開されているバイクの見本市「EICMA 2021」で公開しました。

ヤマハ「RZ350」を彷彿とさせる外装色を採用した「XSR700」最新モデル

 ヤマハが国内外で展開しているXSR700シリーズは、排気量688cc(海外表記では689cc)の水冷直列2気筒エンジンを搭載するスポーツヘリテイジモデルです。

 ヤマハが過去に販売していた2ストロークモデル「RZ350」を彷彿とさせるホワイト×ブルー、ブラック& ゴールドの外装色を採用した新型モデルでは、LEDヘッドライトの採用やメーター取り付け位置を変更。

ヤマハ「XT500」のイメージを踏襲した「XSR700 XTribute」最新モデル。ヘアライン調のデザインを取り入れた丁寧なペイントが施されています

 欧州市場に導入されているブロックタイヤ装着の「XSR700 XTribute」においては、今なお多くのファンを持つヤマハのオフロードモデル「XT500」をモチーフにした外装色が採用されています。

 シンプルな外装のため、純正アクセサリーやカスタムパーツを装着することでユーザー好みのスタイルを楽しめるXSR700。日本への早期導入に期待したいところです。

【了】

【画像】ヤマハ「XSR700」最新モデルの画像を見る(22枚)

画像ギャラリー

最新記事