MVアグスタ「ラッシュ1000」最新モデル展示 進化を遂げた唯一無二のハイパーネイキッド【EICMA 2021】

MVアグスタは、「ラッシュ1000」最新モデルを2021年11月25日からイタリア・ミラノで一般公開されているバイクの見本市「EICMA 2021」で公開しました。どのような進化を遂げたのでしょうか。

高級・高性能な大型ネイキッドモデル

 MVアグスタは、「RUSH(ラッシュ)1000」最新モデルを2021年11月25日からイタリア・ミラノで一般公開されているバイクの見本市「EICMA 2021」で公開しました。

MVアグスタ「ラッシュ1000」2022年モデル

 EICMA2019で公開され2020年より生産を開始したラッシュ1000は、MVアグスタ「BRUTALE(ブルターレ)1000RR」にも搭載されている998ccの直列4気筒エンジン(最高出力208ps/13,000rpm、最大トルク85.9lb-ft/11,000rpm)を搭載した大型ネイキッドモデルです。

 2021年に発表された最新モデルでは、ドラッグレース用バイクの持つスリルに触発されデザインされた外観はそのままに、低域と中域のトルクを向上させるため新しいカムシャフトタイミングを導入したうえで、エンジン内部のパーツにコーティングなどを施し内部摩擦を低減。改良された双方向クイックシフターを採用することで、クラッチレスでより正確なシフト操作が可能となっています。

 また、優れた剛性を誇る車体面においては、クロモリ製トレリスフレームはそのままに、フルアジャスタブルのオーリンズ製サスペンションを再調整し、ハンドリングとレスポンスを向上。

 改良されたIMU(慣性計測装置)を搭載することで、トラクション、ウィリー、ローンチ、クルーズコントロールなど、各種電子制御もより洗練されたものとされています。

【了】

【画像】MVアグスタ「ラッシュ1000」2022年モデルの画像を見る(16枚)

画像ギャラリー

最新記事