原付二種の「ハンターカブ」と「クロスカブ」は自然の中がよく似合う

Aloha Happy Friday! Welcome December!!! 今年もカウントダウン。なんか、あっという間に過ぎた2021年。オリンピックもあったり、ライブも出来たり、バイクもいっぱい乗れたりと、振り返ってみても充実の1年(いや、半年かな)。やっと、日常が戻ってきたような気がします。もちろん、バッチリ感染予防対策をしながらですけどね!

「ハンターカブ」と「クロスカブ」で自然を満喫

 12月は、5日にアトレ竹芝にあるSHAKOBAでのフリーライブから始まって、21日が上野Qui、22日が横浜ハンマーヘッド、そして大晦日に原宿にあるクロコダイルと、ライブ続きで、バタバタだけど最高に幸せなクリスさんです。

 そして、いつどこへバイクで出かけようかなぁと考えるだけで、ワクワクが止まらない。つい先日も、ハンターカブとクロスカブでプチツーリングに行って、遊んできました。そんな、先週の続き!

森の中の「ハンターカブ」と「クロスカブ」は、アウトドアライフも楽しめそう

 クリスさんの大好きな、都会の中にあるネイチャースポットに到着した私たち。土の上を走る前に、マシンの撮影をしたり、ぼーっと風の音を聴きながら日光浴。オフロードというほどではないけど、コンクリートの上ではなくて土の上を走る感覚が気持ち良いので、ぜひおすしさんにも体験してもらい、本格的なオフロードレッスンをして、お尻が滑っても、ビビらないようになることが次の目標。

 コロナのせいで大型免許取得企画がなかなか進まないけど、待っていても拉致がアカン。このままやと、大型が取れる頃にはおじいちゃんになってまうんやないか?と思って、できることを進めていくことに(久々に、私が思いっきりドロドロになって、土の上でレッスンしたいのもあるんやけど、そこは内緒)。

クリスさん:おすしさん、大型免許の取得、いつごろを目指してますか?
おすしさん:とにかく一年、延び延びになってるから、来年の春には行きたいな。
クリスさん:ほな、計画はちゃんと立てなね!?
おすしさん:もう12月なるしな。とにかく慣れてくしかないよね。
クリスさん:せやね。おすしさんが乗りたいアメリカンやと、そんなにオフロードとか関係ないかもしれんけど、今日ここでデコボコした草原の上を走ってみて、ほんで土の上で一回思いっきり遊んでみるのどう?
おすしさん:。。。
クリスさん:いきなり、大きいバイクって訳じゃないから大丈夫!
おすしさん:ビビった。前聞いたやつかな?それやったら!あとはバランスやりたいなぁ。
クリスさん:一本橋とかドキドキやもんね。とにかく、できることから始めましょう!ってな訳で、走ってみよう。

 ここまでの道のりは、ハンターカブ(CT125)できたクリスさん。マシンがそんなに大きくないし、車重も重くないから足つきも良く、安心してデコボコ道でも身を委ねることができる楽しいバイク。

ハンターカブは、姿勢も真っ直ぐで無理なくオフロードも走行できます

 姿勢もまっすぐやからしんどくないし、ゴツゴツした路面の上を通過した時にも、お尻が全然痛くない。シートが広めで乗りやすいし、疲れへんなぁとは思ってたけど、クッションも良くて楽しい!

 風と落ち葉とハンターカブ。ヘルメットのなかは、満面の笑みでした。

クロスカブで凸凹した路面も不安なく走るおすしさん

 一方の、おすしさんはどうだったのか。デコボコした路面を、なんの不安感もなく走ってる。体が大きいから、クロスカブくんがめっちゃ小さく見えるのも、見ていて面白い光景。

 足を付きながら、Uターンもヒョイっとできて、やっぱりスポーツ選手はバランス感覚がすごいなぁ。そりゃそうか。おすしさん、試合で良くロープの上を歩いたりしてたもんね。

クリスさん:おすしさぁん!どない?
おすしさん:めっちゃ楽しい!

 よかった!楽しいのが一番やしね。ではチェンジして、お初のクロスカブちゃんに乗ってみよう。

ハンターカブの方がシートはゆったりとした感覚

 黄色のマシンは、本当に鮮やかで可愛い。跨った感じはあんまり変わらないけど、ハンターカブの方がシートはゆったりな気も。ちゃんとニュートラルに入っているか、確認してから発進!加速の感じは、ハンターカブより遅い印象。最初の力がヌオーンってしてるのかな。そして慣れないロータリー方式のシフトアップは、やっぱりスムーズにいかないな。慣れなんやろうけど、クロスカブくんに申し訳ない(涙)。

 カックンカックンと草原の上を、ポコポコしながら走る私の姿は酷いものだと思うけど、それも楽しんんじゃえ!

 ガクンという感覚以外は、とっても軽快。ハンターカブと比べてみると、去年乗った天気の子バージョンの可愛いピンクのカブに乗り味が似てる気がする。でも正直乗りやすさでいうと、ハンターカブちゃんかなっていうのが正直な感想です。

ハンターカブで軽快に草むらの上を走行するおすしさん!ダートの乗りやすさはクロスカブより良かったらしい

 その頃、おすしさんはというと、軽快にハンターカブで走行中。背中から音符が出ているように見えるぐらい楽しそう。

 乗り終わったところで聞いてみた。

クリスさん:ハンターカブ、どうでしたか?
おすしさん:クロスカブよりスムーズに前に出て、シフトアップがガクンってなりづらい気がした!クロスカブも楽しいけど、ハンターカブの方が乗りやすいかな。
クリスさん:買うなら?
おすしさん:排気量も大きいし、ハンターカブかな。

ハンターカブの新色パールオーガニックグリーンも2022年に発売されます

 確かに、10万円の差で110ccから125ccになるんやもんね。ギアチェンジも気のせいかもしれんけど、スムーズにいくし。来年1月には、ハンターカブ(CT125)にパールオーガニックグリーンが出るもんね!アーミーっぽくて可愛いカラーが気になる1台。

 今回のプチツーリングで私の心は、ハンターカブをロックオンした模様。本気で考え始めたクリスさんでした。

 そうだ!今度の日曜日!12月5日に、アトレ竹芝にあるSHAKOBAで、フリーコンサートを15時からやるので、よかったらふらっと遊びにきてくださいね!

Christelle Ciari クリステル・チアリ Twitter

【了】

【画像】「ハンターカブ」と「クロスカブ」を画像で見る(8枚)

画像ギャラリー

Writer: クリステル・チアリ

父はギタリストのクロード・チアリ。19歳でKiss Fmのサウンドクルーとしてデビュー。その後バラエティーやMC、ナレーションなど幅広く活躍。
NHK教育テレビ『英語であそぼ』4代目おねぇさんに抜擢され生まれ育った関西から東京へ進出。『英語であそぼ』がきっかけで、全国の鉄道の英語車内アナウンスを担当することに。
声優、歌手、スポーツMC、幼児教育の先生やセラピストとしても近年全国を飛び回る。
元気印が取り柄のクリスさん、配信アプリ17ライブで毎晩22:30〜0:30みなさまからのリクエストを生でこたえてくれます!

最新記事