新たな歴史的事実が明らかに!? トライアンフが同社初のプロトタイプの発見を発表

トライアンフモーターサイクルズジャパンは2021年12月4日、史上初のトライアンフ・プロトタイプを発見したと発表しました。

1901年製プロトタイプ

 世界でもっとも古い歴史を持つといわれる英国のモーターサイクルブランド「トライアンフ」は、2021年12月4日に史上初となるトライアンフ・プロトタイプを発見したと発表しました。

1901年製のトライアンフ「プロトタイプ」

 ビンテージトライアンフの第一人者であるディック・シェパード氏によって発見・修復された1901年製プロトタイプは、1902年にトライアンフが正式に販売を開始する前のまったく新しい序章となる1台で、長い歴史を書き換えるものだといいます。

 長い間、存在が噂されており、1901年に掲載された広告やレビューのなかで話題になっていた同プロトタイプは、当時のトライアンフモーターサイクルへの一般の人々の関心と需要を高めるために、ベルギーのメーカーであるミネルバから提供されたエンジンをトライアンフの自転車へ搭載し、開発されました。

 ディック・シェパード氏は、「最近亡くなったコレクターの友人から、古いトライアンフの査定を依頼されていて、彼が持っていたバイクが最初期に生産されたトライアンフバイクには無い、ユニークなディテールを備えていることを知り、非常に興奮しました。

 そのコレクターは、バイクと一緒にトライアンフから1937年の日付けの入った手紙を受け取っており、そこにはこのバイクのユニークな出自と重要な詳細が記されていました。

 ミネルバのエンジン記録にある1901年の初代トライアンフのエンジン番号と一致していることから、このモーターサイクルの歴史的意義が非常に明確になりました。

 トライアンフの歴史と業績に対する、生涯にわたる熱烈なファンとして、この素晴らしいプロトタイプを発見、更には1901年に初めて展示された時の輝かしい状態へ復元でき、計り知れないほどの満足感を得ました」と、同プロトタイプが発見された感想を話しています。

 英国モーターサイクルライブショーで初公開された1901年のプロトタイプは、12月14日にイギリスのトライアンフ本社内にあるトライアンフのファクトリー・ビジター・エクスペリエンスで開催される専用イベントに登場し、100年以上ぶりに公の場で乗ることができます。そして、100万台目のヒンクレー製トライアンフとともに、同イベント内で開催される、120周年記念展示に特別展示される予定です。

【了】

【画像】新たに発見されたトライアンフの1901年製プロトタイプを画像で見る(8枚)

画像ギャラリー

最新記事