お求めやすい入門用クロスバイク 「NESTO」の「VACANZE」シリーズ2022年モデル発売

自転車ブランド「NESTO(ネスト)」から、クロスバイクの「VACANZE(バカンゼ)」シリーズが2022年モデルとなって発売されました。

大手メーカーの自転車ブランド、お手頃な価格帯が魅力

 自転車ブランド「NESTO(ネスト)」は、日本の大手自転車メーカー、ホダカ株式会社が手がける、『NEXT STANDARD』 をコンセプトに毎日の生活をより豊かにするスポーツサイクルを展開しています。その中から、クロスバイクの「VACANZE(バカンゼ)」シリーズが2022年モデルとなって発売されました。

NESTO「VACANZE 1」は、軽快な走りが魅力の入門用クロスバイク

 ネストは日常の移動手段として、またスポーツ入門用として最適なクロスバイクをはじめ、競技にも使えるロードバイクやMTB(マウンテンバイク)のようなスポーツ自転車など幅広くラインナップを展開しており、海外ブランドと比べてリーズナブルな価格帯も特徴のひとつとなっています。

 2022年モデルとなって発売された「VACANZE(バカンゼ)」シリーズのロングセラーモデル「VACANZE 1(バカンゼ・ワン)」は、フレーム素材に強度と軽さのバランスが優れた6061系アルミ合金を採用しており、マグネシウムとシリコン(ケイ素)が添加されているため腐食にも強い堅牢なアルミ合金となっています。

 さらにネストでは、「FLEXOR(フレクサー)」と呼ばれるフレームの後ろ側のチューブを扁平(横扁平)に加工することで、振動に対して縦方向にしなりやすくしています。この作用によって振動吸収性と快適性を高め、タイヤやホイールだけでなく、フレームでも快適性を高める仕組みを用いています。

「FLEXOR(フレクサー)」はフレームの後ろ側のチューブ(シートステーとバックステー)の一部を横扁平加工し、振動吸収性と快適性を高めたもの

 多くの自転車ブランドがそうであるように、モデルチェンジの際は構成パーツやタイヤなどのほか、フレームカラーをトレンドに合わせて変更するなど、ニューモデルではおおよそブラッシュアップされています。

 また、街乗りするためには法で定められた整備基準があり、オプションパーツとして買い足す必要があるベル、ライト、キックスタンドといったパーツを標準装備しているため、すぐに走り出すことが可能です。

 そのほか、前カゴやドロ除け、リアキャリアなどの純正オプションも充実しており、必要に応じて揃えることができます。

 完成車重量10.1kg(サイズは500mm、付属品・保安部品を除く)、21段変速の「VACANZE 1」の価格(消費税10%込み)は5万9400円です。

【了】

【画像】NESTO「VACANZE 1」の詳細を見る(6枚)

画像ギャラリー

Writer: 山本健一

サイクルジャーナリスト(人力バイクのほう)。ジャーナリスト歴20年、自転車競技歴25年の公私ともに自転車漬け生活を送る。新作バイクレビューアー、国内外レースイベントやショーの取材、イベントディレクターなど、活動は多岐にわたる。

最新記事