子育てをもっと良くしたい! パナソニックの電アシ「ギュットシリーズ」がマザーズセレクション大賞2021を受賞

パナソニック サイクルテック株式会社は2021年12月14日に、子育て期のママ、パパの1年間にわたる投票によって選出される第13回マザーズセレクションション大賞において、子乗せ電動アシスト自転車「ギュット・クルーム・EX」、「ギュット・クルーム・DX」、「ギュット・アニーズ・DX」および「ギュット・アニーズ・DX・26」の4モデルが、「マザーズセレクション大賞2021」を受賞したと発表しました。

「子育てをもっとよくしたい」という想いから生まれた電動アシスト自転車

 パナソニック サイクルテック株式会社がラインナップする子乗せ電動アシスト自転車の4モデル、「ギュット・クルーム・EX」、「ギュット・クルーム・DX」、「ギュット・アニーズ・DX」および「ギュット・アニーズ・DX・26」が、子育て期のママ、パパの1年間にわたる投票によって選出される第13回マザーズセレクションション大賞において、「マザーズセレクション大賞2021」を受賞しました。

「マザーズセレクション大賞2021」を受賞したパナソニック「ギュット・アニーズ・DX・26」
「マザーズセレクション大賞2021」を受賞したパナソニック「ギュット・アニーズ・DX・26」

 ギュットシリーズは、「家族の移動から育児の質を向上させる」というコンセプトで開発され、コンビ株式会社と共同開発したチャイルドシート「クルームシート」やスタンドを立てるとハンドルが固定される「スタピタ2S」が装備されている点などが、ユーザーから好評を得ているモデルです。

 また、2021年12月3日に発売された新製、「ギュット・クルームR・EX」および「ギュット・クルームR・DX」には、パワーはそのままで業界最軽量を実現した「カルパワードライブユニット」を搭載。快適性をさらに向上しています。

 今回の授賞理由は、「子どもが乗る場所が安定していて安心安全に乗せられる」、「走行性、パワーも十分」、「車体が低く操作がしやすい」など。同社は今後も、親子の移動時間が毎日の大切なコミュニケーションとなり、子どもの成長を一緒に見届けられる自転車を開発していく方針です。

【画像】マザーズセレクション大賞2021を受賞した電動アシスト自転車を画像で見る(5枚)

画像ギャラリー

最新記事