ヤマハ発動機と『FREAK’S STORE』が架空のフードデリバリー会社を設立!? 新型スポーツe-BIKEでコンセプトモデル製作

ヤマハ発動機は、アパレル販売などを展開するセレクトショップ『FREAK'S STORE』とのコラボレーションにより、新型のスポーツ電動アシスト自転車「CROSSCORE RC」のコンセプトモデルを製作し、関連アパレルの販売も一部店舗で展開することを発表しました。

都市部から週末レジャーまで、電動アシスト機能でより便利で楽しいクロスバイクに

 ヤマハ発動機(以下、ヤマハ)は、アパレル販売などを展開するセレクトショップ『FREAK’S STORE』とのコラボレーションにより、新型のスポーツ電動アシスト自転車(e-BIKE)2機種のコンセプトモデルを製作し、関連アパレルの販売も一部店舗で展開することを発表しました。

ヤマハ新型e-BIKE「CROSSCORE RC」をベースとした、FREAK'S STOREプロデュースのデリバリーコンセプトモデル
ヤマハ新型e-BIKE「CROSSCORE RC」をベースとした、FREAK'S STOREプロデュースのデリバリーコンセプトモデル

 2022年3月10日より発売される新機種は、新開発となるグラベルバイク「WABASH RT(ワバッシュ・アール・ティー)」およびクロスバイク「CROSSCORE(クロスコア・アール・シー)」です。いずれもヤマハのスポーツe-BIKE「YPJ」シリーズの新ラインナップとなります。

「CROSSCORE RC」では、街中のコミューティングから郊外のロングライドまで快適に走行できることを特徴としており、両社のコラボレーションでは「フードデリバリー」をコンセプトに、『FREAK’S STORE』プロデュースによるユニークなコンセプトモデルが製作されました。

 全身にクロームメッキ加工が施され、ハンドルは昔ながらの配達用自転車を彷彿とさせる形状に換装、大きなリアキャリアを装備し、リアにはホイールディスクが装備されています。

ヤマハ新型e-BIKE「CROSSCORE RC」をベースとした、FREAK'S STOREプロデュースのデリバリーコンセプトモデル
ヤマハ新型e-BIKE「CROSSCORE RC」をベースとした、FREAK'S STOREプロデュースのデリバリーコンセプトモデル

 また「フードデリバリー」コンセプトは車体のみならず、架空のフードデリバリー会社、その名も「PINPON DASH(ピンポンダッシュ)」まで設立(?)し、スタッフが身に着けるユニフォームや、デリバリーバッグまで製作されました。

 今回のコラボレーションは、積極的に楽しむ生活体験者=「FREAK」に向けて、「ファッション」「モビリティ」を軸に、郊外でも街中でも、ちょっとだけ生活に彩りを加える新しいスタイルを提案したいという両社の思いが重なり、実現したものです。

「デリバリー」をコンセプトに、車両からアパレル、デリバリーバッグまで製作
「デリバリー」をコンセプトに、車両からアパレル、デリバリーバッグまで製作

 関連アパレルは2022年1月21日より「FREAK’S STORE 渋谷」および「FREAK’S STORE ONLINE SHOP」で販売が開始され、コンセプトモデルは「FREAK’S STORE 渋谷」併設のギャラリー兼キュレーションスペースOPEN STUDIO(東京都渋谷区神南1-13-1)に展示されます。

※ ※ ※

 デリバリーコンセプトモデルのベースとなる「CROSSCORE RC」の価格(消費税10%込み)は31万7900円、年間国内販売計画は1500台です。

【画像】ヤマハ新型e-BIKE「CROSSCORE RC」ベースのデリバリーコンセプトモデルを見る(20枚)

画像ギャラリー

最新記事