新東名「伊勢原大山IC~新秦野IC」 2022年4月16日15時に開通 伊勢原JCTで利用できないルートに注意

NEXCO中日本は、新東名高速道路(新東名)の伊勢原大山インターチェンジ(IC)~新秦野ICまでの間を2022年4月16日(土)15時に開通。この延伸にあわせ、秦野市とNEXCO中日本で建設を進めてきた秦野丹沢スマートICと、国土交通省関東地方整備局が建設を進めてきた国道246号秦野IC関連事業も同時に開通します。

東名「大井松田IC」まで約5kmの新秦野IC

 NEXCO中日本は、新東名高速道路(新東名)の伊勢原大山インターチェンジ(IC)~新秦野ICまでの間を2022年4月16日(土)15時に開通。この延伸にあわせ、秦野市とNEXCO中日本で建設を進めてきた秦野丹沢スマートICと、国土交通省関東地方整備局が建設を進めてきた国道246号秦野IC関連事業も同時に開通します。

を2022年4月16日(土)15時に開通する新東名「伊勢原大山IC~新秦野IC」間
を2022年4月16日(土)15時に開通する新東名「伊勢原大山IC~新秦野IC」間

 新東名は、海老名南JCT~豊田東JCT間、約253kmを結ぶ高速道路です。2020年には「伊勢原JCT~伊勢原大山IC間」(延長2km)、2021年には「新御殿場IC~御殿場JCT間」(延長7.1km)が延伸されてきましたが、今回あらたに開通する「伊勢原大山IC~新秦野IC」は延長約13kmに及ぶ区間です。

 同区間にある秦野丹沢SAには「秦野丹沢スマートIC」が併設されていますが、まずはスマートICが先行して開通。現状での終点となる新秦野ICは国道246号線へつながっており、東名の大井松田ICまで約5kmの距離となっています。

 NEXCO中日本によると、同区間の開通により、沿線地域の観光活性化、物流効率化による生産性向上と企業立地の促進のほか、国土計画上では、自然災害等による障害発生時に、一部の区間の途絶や一部施設の破壊が全体の機能不全につながらないように、予め交通ネットワークやライフライン施設を多重化したり、予備の手段が用意されている様な性質を示す「リダンダンシー」の効果も期待されるといいます。

 なお、伊勢原JCTでは、以下のルートが利用できないため、注意が必要です。

伊勢原JCT で利用できないルート
伊勢原JCT で利用できないルート

・新東名新秦野IC←→東名 静岡・名古屋方面
・新東名(下り)→東名(上り)東京方面
・東名(下り)→新東名(上り)海老名南JCT

【画像】新東名「新秦野IC」「秦野丹沢スマートIC」の詳細図を画像で見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事