美味しいアジフライを求めて走る旅 勝浦市「磯料理 かくい」は料理も雰囲気も抜群のベイサイドレストランだった

アジと言えばアジフライ! というライダーのために、美味しいアジフライを味わえるお店を紹介します。千葉県の外房、勝浦湾に面した泊まれるレストラン「磯料理 かくい」を訪ねました。

外房の太平洋を眺めながらいただくアジフライは格別の味!

 美味しいアジフライを求めて走る旅、今回はこのシリーズで初の外房です。東京オリンピックでサーフィン競技が開催されたこともあってサーフカルチャーばかりが注目されていますが、バイクでのツーリングにも気持ちの良いエリアです。

房総半島を内房から南端をぐるっと回って勝浦市へ。市街地に入る前に海岸線に出てみると、太平洋を望む気持ちの良いビーチがあった
房総半島を内房から南端をぐるっと回って勝浦市へ。市街地に入る前に海岸線に出てみると、太平洋を望む気持ちの良いビーチがあった

 横須賀市の久里浜港から東京湾フェリーで金谷港に渡り、房総半島最南端の館山市を回って国道128号線を北上して勝浦市に行ってきました。

 勝浦と言えば、ご当地ラーメンの「勝浦タンタンメン」が有名です。勝浦の漁師が寒い日の漁の後に冷えた体を温めるためにラー油たっぷりのラーメンを作ったことがルーツと言われています。つまり漁師メシというわけで、勝浦は漁が盛んで美味しい海鮮が食べられる街なのです。漁港近くで開催される朝市では、定休日の水曜と元旦を除き、新鮮な魚介や野菜などが販売されていて連日賑わっています。

 今回伺ったのは、朝市が開催される勝浦漁港周辺ではなく、対岸の勝浦湾に面した「磯料理 かくい」です。このお店の最大の特徴は「泊まれる磯料理レストラン」、つまり民宿が併設されているのです。

勝浦湾に面した国道128号「外房黒潮ライン」沿いにある「海辺の宿 磯料理 かくい」
勝浦湾に面した国道128号「外房黒潮ライン」沿いにある「海辺の宿 磯料理 かくい」

 全ての客室がオーシャンビューで、朝日や漁火が綺麗に見えるそうです。サーファーだけでなくツーリングで訪れるお客さんも多いとか。お店は国道に面してますが、この国道128号が勝浦に開通した1965年頃に開業されたということで、創業から半世紀が経っている老舗です。

 一階のレストランも客室同様のオーシャンビュー。筆者(増井貴光)がお店に到着したのは陽が沈みつつある時間。窓から黄昏ていく海を見るにもなかなか良い場所でした。

 景色ばかり見ていないで本題のアジフライを注文します。漁港の勝浦ならではの刺身が人気だとお店の方に勧められ、ついつい「刺身・アジフライ定食」をお願いしてしまいました。

 メニューには他にも、勝浦といえばカツオ、という「カツオづけおろし丼」なんてまたまた浮気したくなるメニューもあります。金目鯛や赤むつ、黒むつなど定食や一品料理も魅力的なものが多いです。泊まりでじっくり来たくなるお店です。

「磯料理 かくい」の「刺身・アジフライ定食」(2200円)。新鮮な刺身とアジフライに小鉢、塩辛、ご飯とみそ汁。ボリュームたっぷりの美味しい定食だった
「磯料理 かくい」の「刺身・アジフライ定食」(2200円)。新鮮な刺身とアジフライに小鉢、塩辛、ご飯とみそ汁。ボリュームたっぷりの美味しい定食だった

 などと考えているうちに「刺身・アジフライ定食」が出来上がってきました。お皿には、大きめで身が厚いアジフライが2枚載っています。付け合わせはキャベツ、タルタルソースとレモンが付いています。ご飯とみそ汁、漬物のほかに、小鉢とイカの塩辛もお盆に載ってボリュームたっぷり、美味しそうな定食です。

 さて、勝浦産のアジをいただきます。揚げ具合が良いサクサクの衣、身は締まっていますが適度に柔らかく、コクがある味です。太平洋を流れてくる黒潮の恩恵を受けたアジでしょうか。味もボリュームも申し分無しです。

 アジフライはもちろん、刺身も新鮮で美味しいものばかりです。海を見ながら食事が出来るというロケーションも含め、たいへん美味しくいただきました。

ノスタルジックな雰囲気の素敵な店内。窓からは勝浦湾が一望できる。民宿の客室も全室オーシャンビュー。泊まってみたい宿だった
ノスタルジックな雰囲気の素敵な店内。窓からは勝浦湾が一望できる。民宿の客室も全室オーシャンビュー。泊まってみたい宿だった

 外に出ると陽が沈んですっかり暗くなっていました。ボリュームたっぷりの定食でバイクに乗るのはお腹にきつそうですが、アクアラインを目指して房総半島を横断しなくてはいけません。まず目指すのは、国道297号から首都圏中央連絡道の「市原鶴舞IC」です。暗いし、やっぱり泊まってのんびりしたいな、などと思いつつ勝浦を後にしました。

■海辺の宿 磯料理 かくい
所在地:千葉県勝浦市串浜17

【画像】勝浦湾に面した「磯料理 かくい」のアジフライを見る(15枚)

画像ギャラリー

Writer: 増井貴光

旅をライフワークにバイク専門誌などで活躍するカメラマンでコラムニスト。国内だけでなく、アメリカでランドスピードレースやドラッグレースの撮影を続けている。著書としてユタ州ボンネビルで最高速に挑戦するライダーを撮影した写真集『bonneville』と、ルート66を実際に走って撮影した『movin’on』がある。また撮影だけでなく、イベント等の企画・運営にも携わるなどその活動は幅広い。愛車はハーレーFLTRXS、ホンダXR250とCT110

最新記事