ヤマハ「XSR155」最新モデル タイ市場で発表

ヤマハは小排気量のネイキッドモデル「XSR155」の最新モデルをタイ市場で発表しました。最新モデルではロードレース世界選手権参戦60周年を記念した外装色のほか、マットな質感のブルーとツヤのあるブラックが追加されています。

大型モデルと共通するデザインの軽二輪モデル

 ヤマハは小排気量のネイキッドモデル「XSR155」の最新モデルをタイ市場で発表しました。

ヤマハ「XSR155」最新モデル
ヤマハ「XSR155」最新モデル

 インドネシアなどにも導入されているXSR155は、欧州市場に導入されている「XSR125」や日本市場で販売されている「XSR700」「XSR900」などと同様にネオ・レトロなデザインが採用されたネイキッドモデルです。

 排気量155ccのVVAエンジンを搭載するXSR155では、軽量のデルタボックス・フレームと倒立フォークを採用することで走行性の面でも上位機種を踏襲。

ヤマハ「XSR155」最新モデル
ヤマハ「XSR155」最新モデル

 丸みを帯びた燃料タンクやフラットなシート、円形のヘッドライトなどでレトロな雰囲気を演出しつつ、LEDライトやフルLCDのメーター、アシスト&スリッパークラッチなど最新の技術が盛り込まれています。

 なお、最新モデルではロードレース世界選手権参戦60周年を記念した外装色のほか、マットな質感のブルーとツヤのあるブラックがラインナップされています。

【画像】ヤマハ「XSR155」最新モデルを画像で見る(13枚)

画像ギャラリー

最新記事