バイク好きにも、いろいろある? ~木下隆之の、またがっちゃいましたVol.145~

レーシングドライバーの木下隆之さん(筆者)は、バイク好きにもいろいろあると言います。どういうことなのでしょうか?

楽しみ方は、人それぞれか……

 僕(筆者:木下隆之)の事務所は横浜の小さな雑居ビルにある。ここの入居者はちょっと得体の知れない人達であり、ビルの前の光る看板から職種が想像できない。ちょっと怪しい雰囲気だ。

ホンダ「BENLY(ベンリイ)CB90」(1970年型)
ホンダ「BENLY(ベンリイ)CB90」(1970年型)

 そしてなぜかこのビルでは、バイク人口が多い。5階建てで1フロアに2部屋の作りだから、テナントは合計で10なのだが、エレベーターホールには常に5台ほどのバイクが停まっている。住人から苦情がこないものかと心配してしまうが、ほとんどの住人がバイク好きのようだ。

 数あるバイクの中でも横綱クラスは、1970年型のホンダ「BENLY(ベンリイ)CB90」だろう。いつもエレベーター前の特等席を独占している。バイクショップが入居しているわけではないのだが、何階の、どこのテナントだか知らないいつもの若者が、およそ時計の針が深夜0時を過ぎる頃になるとモゾモゾとバイクのメインテナンスを開始する。エレベーターホールは、オイルの匂いで充満する。

 そのCB90が最近、2台になった。1台は1970年型のドラムブレーキだ。新たに加わったCB90はフロントにディスクブレーキが組み込まれているから1972年型だと思われる。

 という会話を先日、深夜に帰宅しようとした僕と、深夜のメインテナンス中の若者で交わすことになった。

筆者「好きだねえ?」

若者「いや、ガソリンが漏れちゃったので修理ッス」

 ヘッドを開けたりキャブを洗浄したりと、かなり熱心に作業をしているのだが、失敗が続くらしい。

筆者「ディスクのCB90もあるんだね」

若者「ええ、でも逆向きに付けちゃって」

 どうやらプロのメカニックではなく素人のようだ。

ホンダ「BENLY CD90JX-DISK」(1972年型)
ホンダ「BENLY CD90JX-DISK」(1972年型)

若者「じつはバイクに興味を持ったのはこの数年なんですよ。でも、バラすのが楽しくて」

筆者「CB90を?」

若者「というか、最初に買ったのがCB90でして、それしか知らないんスよ」

筆者「走りは楽しいの?」

若者「まともに動かせないんで、わかんないッス」

 どうやら、バラして組み立てるのが楽しいらしい。

 鉄道ファンの世界では、乗り鉄、撮り鉄など様々だが、バイクの世界でこの若者はどのジャンルにあてはめればいいのだろう。所有することでも乗ることでも飾ることでもない。バラして壊すこと?

 ともあれ、ここの住人の誰よりも、バイクを楽しんでいる感じがする。

【画像】ホンダ「ベンリイCD90」を見る(11枚)

画像ギャラリー

Writer: 木下隆之

1960年5月5日生まれ。明治学院大学卒業後、出版社編集部勤務し独立。プロレーシングドライバーとして全日本選手権レースで優勝するなど国内外のトップカテゴリーで活躍。スーパー耐久レースでは5度のチャンピオン獲得。最多勝記録更新中。ニュルブルクリンク24時間レースでも優勝。自動車評論家としても活動。日本カーオブザイヤー選考委員。日本ボートオブザイヤー選考委員。

最新記事