手軽にオンオフを楽しめるNicot motorcycle「PT125」に試乗 〜高梨はづきのきおくきろく。〜

毎月8の付く日は『高梨はづきのきおくきろく。』の掲載日です。今回は、可愛いスタイリングの原付二種オフロードバイクNicot motorcycleの『PT125』に試乗します。

見た目も可愛い『PT125』

 皆さんこんにちは、高梨はづきです。

 今回は見た目も特徴的でとってもかわいい原付二種のオフロードバイク。Nicot motorcycle(ニコットモーターサイクル) 『PT125』の試乗記をお届けするよ!

Nicot motorcycle(ニコットモーターサイクル) 『PT125』に試乗するよ
Nicot motorcycle(ニコットモーターサイクル) 『PT125』に試乗するよ

 さて!このPT125だけど、見ての通りオフロードタイプのバイク。パッと見は必要最低限の装備といった印象だから保安部品足りてるかな?と思っちゃうくらい身軽な見た目をしてるよね。でも、ちゃんと公道走行ができるように販売されているバイクだよ。オフロードモデルといえば…わたしは以前、ヤマハのセローに試乗したのがとっても楽しかったし、忘れられない一台になった思い出が蘇る。今回、PT125にも乗るのがすごく楽しみ!

 まずは外装チェック!ぐるーっと見回していくと、一つ一つのパーツは125ccのバイクらしく小ぶりな印象。ファンバイクって感じだけど、とにかく無駄なものを省いてるように思う。林道などのオフロードでは車体が軽いのは正義ってこともあって、横から見るととにかく隙間が多い。車体全体の幅も薄くて風が吹いたら倒れてしまいそうなくらい軽そう(言い方)!その点、バランスを取るのに不安はなさそうで安心!

PT125に搭載されたエンジンには、キャブレターを採用しています
PT125に搭載されたエンジンには、キャブレターを採用しています

 ちなみにPT125はキャブレター式を採用してるんだね。最近はインジェクション車ばっかり乗っていた気がするので、久しぶりにキャブレター式の良い音を聞けるのも楽しみだなぁ。

 スタンドを立てた状態で車高はかなり高く見えて、横に立ってみても腰の位置より高いからまず跨がれるか心配だったんだ。しかもPT125は私が知ってるバイクと比べてスタンドがかなり直立に近い!遠目から見てもバイクが自立してるかのような…!

足つき性は身長158cmの私が跨ると両足のつま先が接地する程度
足つき性は身長158cmの私が跨ると両足のつま先が接地する程度

 ドキドキしながら実際に跨ってみると、案の定私の身長(158cm)で跨ぐのがやっとこ。でもPT125は”オフロード”に適したサスペンションの設定なのでシートに体重を乗せるとグッと沈んで車高が低くなってくれる。そのお陰でちょっぴり不安は取り除けたかな。それでもつま先ツンツン着くか着かないかくらいではあるけれど、車重がめちゃくちゃ軽い(89kg)ので、シート幅も狭いのも相まって片側にバイクを結構傾けても片足で十分支えられたの。傾けるのが不安って人には足が付かない時の鉄則、お尻を半分ズラしてから片足を伸ばしてあげると楽になるのを思い出してね!

セルスターターの他にキックペダルも付いています
セルスターターの他にキックペダルも付いています

 ここまでは低身長の私でも許容範囲!ただ、一点気になるところを挙げるとしたら、車高が高いとスタンドが払いにくくなる点。片足が着地できれば問題ないと思いきや、最初の乗り始めが難関でスタンドが払えなければ乗ることすら危うい。低身長さんにはかなり厳しい…(泣)

 私は辛うじて跨ったままスタンドを払うことが出来たけど、それでも本当にギリギリ…!だから私より身長が低い方には、段差から乗るとかちょっと工夫が必要みたい。スタンドさえ払えればこっちのもんなんだけどね。

いざ、エンジンスタートさせてみよう!

 マフラー音は音階でいうところの「ファ」くらいの音階で(難しい?笑)、トコトコトコトコ…っとかなり早いリズムで刻まれる。緑に囲まれた林道の中でこの大きすぎない排気音で颯爽と走り回っている姿を想像しちゃった。いいねぇ。

走り出しから力強さを披露してくれるPT125
走り出しから力強さを披露してくれるPT125

エンジン内からはシャーーっと羽が回っているかのような音もしっかり聞こえてきた。毎回思うんだけど、私初めましてのバイクのエンジン掛ける瞬間が一番好きなんだ〜。どんなバイクでも「おお〜」ってなる!笑

走り始める前は、ブロックタイヤ装備だから凸凹部分がモコモコと動いてクセがあるかなぁ?と思っていたけど、直線は思っていたより素直に真っ直ぐ進んでくれるし、走り出しはかなり力強いから低速に強いってことがわかったよ。さすがオフロード車!わたしはやっぱり好きだなぁオフ車。

オフロード走行を楽しめるブロックタイヤ装備
オフロード走行を楽しめるブロックタイヤ装備

 そして走り続けて気がついたのは、なにやらタイヤから奏ぐような音色が!いや違う、、地面との摩擦で音が鳴っているのか…?この時点では3速で30km/h走行。わたしはこの時「ふ〜ん、PT125、おもしれーじゃん」と対話していたのだった(何の話)。

 4速に上げて40km/hまで速度を上げていくと、マフラー音がもう少し高めの音に変わってくる。最初の走り出しと比べるとかなりパワーを使っている感じがするけど、PT125の本気はここから。60km/hまで一気に加速させてみる。すると車体全体に伝わる単気筒特有の振動が、何となく馴染んできたような気がした。人間で言うとゾーンに入るみたいな?笑

ブロックタイヤのおかげでダートでも問題なくバイクの向きを変えることができる
ブロックタイヤのおかげでダートでも問題なくバイクの向きを変えることができる

 あ、そうそう。ブロックタイヤだと気になるのはカーブだよね。タイヤに凹凸が多いとその分地面との接着面積が少なくなるからカーブは危ない〜なんて言われているけど、少しの不安もなくしっかり倒せたよ。これが雨上がりの濡れた道路だったら扱い方が変わってくるかもしれない。いつか試してみたいな。

PT125には折りたたみ式のレバーが採用されています
PT125には折りたたみ式のレバーが採用されています

 PT125の装備で感動したのはね、折りたたみ式のレバーが採用されていること。SNSでよく見かけるけど、立ちごけや、何らかの拍子でバイクが倒れてしまった時にブレーキレバーがまず大破してるよね。PT125の標準レバーはそこをポキッと折れるのではなく、あえて折れることによって緩衝してくれる構造になってるの。地面に当たっても吹っ飛んでいかない仕様になっているのを初めてみて感動したんだ!ユーザビリティに富んでるすばらしい装備だね!

タンクキャップの上からホースが出てるバイクを初めて見た
タンクキャップの上からホースが出てるバイクを初めて見た

 あ、びっくりしたのはタンクキャップ。上部から細いホースが出てるんだけど、タンク内のエア抜きのためらしい!めちゃくちゃ簡単にポロって取れるから、走っていて吹き飛ばされないか心配になるほど。

 わたし、このホースがついてるキャップ見たことなかったから最初すごく戸惑ったよ(笑)レースとかオフロードをやってる人からしたら笑われるかもしれないけどこうやってひとつずつ知識が増えていくんだなぁ。それにしても…ホース無くしたらどうしたらいいんだろう?代わりに違うものブッ刺しておいてもいいのかなぁ…?ストローとか?誰か教えてー!

林道やダートの走行も不安なく楽しめるPT125
林道やダートの走行も不安なく楽しめるPT125

 さて。標準仕様でちょっぴりカスタムされているかのような見た目のPT125。林道やガレ場とかね、大人の遊び道具としては勿論だけど、公道でも楽しく乗れちゃうのはいいよね。

 あぁ〜オフ車欲しいなぁ〜!の前にオフロードもっと体験したいなぁ〜。編集長!オフロードで泥まみれになりたいです‼︎

 …ということで本日の記事はここまで!
 また8のつく日にお会いしましょうー!

【画像】Nicot motorcycle「PT125」の画像を見る(15枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事