MVアグスタ「スーパーヴェローチェ・アゴ」 ウクライナのチャリティオークションに出品

MVアグスタは、2022年6月24日にフルカウルモデル「SUPERVELOCE 800(スーパーヴェローチェ800)」の特別仕様車「SUPERVELOCE Ago(スーパーヴェローチェ・アゴ)」を「ボナムス・グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード・セール」に出品します。収益金はすべてユニセフウクライナ緊急基金に寄贈される予定です。

貴重なシリアルナンバー#1がオークションに

 MVアグスタは、2022年6月24日にフルカウルモデル「SUPERVELOCE 800(スーパーヴェローチェ800)」の特別仕様車「SUPERVELOCE Ago(スーパーヴェローチェ・アゴ)」を「ボナムス・グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード・セール」に出品します。

MVアグスタの限定車「SUPERVELOCE Ago(スーパーヴェローチェ・アゴ)」とGiacomo Agostini(ジャコモ・アゴスティーニ/愛称:Ago)氏
MVアグスタの限定車「SUPERVELOCE Ago(スーパーヴェローチェ・アゴ)」とGiacomo Agostini(ジャコモ・アゴスティーニ/愛称:Ago)氏

 2020年にコンセプトモデルとほとんど変わらぬ姿で発売されたスーパーヴェローチェ800は、排気量798ccの3気筒エンジンを搭載するクラシカルなデザインのスポーツモデルです。

 2021年のモデルチェンジ時にはDLC(ダイヤモンドライクカーボン)コーティングを施したタペットと新素材を使用したバルブガイドの採用により内部抵抗を低減させ、あらゆる回転域で効率を向上した新型エンジンや、ねじれおよび縦方向の剛性を高めるため再設計されたフレームプレートでアップグレードされたシャーシを採用するなど改良が図られてきました。

 2021で一般公開された311台のみの限定車「スーパーヴェローチェ・アゴ」は合計311回の勝利、15回のタイトルを獲得したレジェンドライダー、Giacomo Agostini(ジャコモ・アゴスティーニ/愛称:Ago)氏への敬意を込めたモデルで、外装にはかつてアゴスティーニ氏が駆ったマシンを模したカラーを採用。

 最高速度149mph(240kmh)、0-60mph加速3秒を発揮する3気筒エンジンと電子制御式トランスミッションにより、高速かつ正確なギアシフトを実現するとともに、トラクションコントロール、ウィリーコントロール、ローンチコントロールなどの電子制御システムを搭載することで、オーリンズ製サスペンションとのマッチングが図られています。

 今回の発表に際し、MVアグスタ・モーターS.p.A.のCEOであるTimur Sardarov氏とボナムモーターズUKの部門長であるTim Schofield氏は次のようにコメントしています。

■MVアグスタ・モーターS.p.A. CEO Timur Sardarov氏
「世界で最も著名で尊敬されているオークション会社の一つであるボナムズと提携し、このチャリティ活動に具体的な支援を提供できることを嬉しく思っています。私たちのスーパーヴェローチェ・アゴは、真のモーターサイクル・アートであり、情熱的なコレクターや真のモーターサイクル愛好家の手に渡ると確信しています」。

■ボナムモーターズUK 部門長Tim Schofield氏
「モータースポーツ界の伝説的人物の一人に敬意を表し、この特別なモーターサイクルアートを提供し、最も価値ある目的のための資金調達に協力できることを嬉しく思っています。これはモーターサイクル・コレクターにとって、偉大なジャコモ・アゴスティーニの跡を辿りながらモーターサイクルを落札し、所有することができる素晴らしい機会であり、チャンピオン・レーサー本人に会うこともできます」。

※ ※ ※

 なお、車両のほか、ベルガモでのAgo氏とのディナー、プライベートミュージアムの見学、写真撮影も含まれる今回のオークションの収益金は、すべてユニセフウクライナ緊急基金に寄贈される予定です。

【画像】MVアグスタの限定車を画像で見る(15枚)

画像ギャラリー

最新記事