【自転車の種類】小さな子供とのおでかけに便利 子供乗せ自転車を上手に選んで快適生活を

まだ小さな子供と出かける際に便利な自転車。市販されている「子乗せ」自転車にはチャイルドシートの位置の違いで大きく分けて2種類あります。それぞれに特徴があるので、好みや生活スタイルに合わせて選ぶことが重要です。

子供乗せ自転車の特徴と、上手な選び方

 自転車は基本的に1人乗り用です。しかし運転する人が16歳以上で、専用のチャイルドシートを装着していれば1歳以上6歳未満の子供を乗せて走ることができます。クルマほど維持費がかからず、徒歩に比べると格段に行動範囲が広がる自転車は、通園やお買い物、少し遠くの公園に出かける時など、子育て中の親にとって力強い味方です。

小さな子供とのお出かけに便利な、チャイルドシートを標準装備する子供乗せ自転車
小さな子供とのお出かけに便利な、チャイルドシートを標準装備する子供乗せ自転車

 ただし、どんな自転車でもチャイルドシートが取り付けられるわけではありません。対応していない自転車に無理矢理取り付けると安全性が損なわれ、故障の可能性も高くなります。

 子供を乗せることを前提にしているなら、専用の子供乗せ自転車を選ぶと良いでしょう。とくに、子供を2人乗せることを考えているなら、必要な強度やブレーキの制動性能など、一定要件を満たすように設計された「幼児2人同乗基準適合車」を選びましょう。

 自転車に子供を乗せるために必要なチャイルドシートには、ハンドル部分に取り付ける「前乗せ用」と、後輪上の荷台に取り付ける「後乗せ用」があり、それぞれで乗せる子どもの条件が異なります。

「前乗せ用」は1歳から4歳未満の低年齢用で、体重15kg未満、身長100cm以下での使用が可能です。

「後乗せ用」は1歳以上もしくは2歳以上から小学校に上がるまでの使用が想定されており、体重22kg以下、身長115cm以下で使用できます。

ヤマハの子供乗せ電動アシスト自転車「PAS Kiss mini un SP(パス・キッス・ミニ・アン・スーパー)」前乗せ用チャイルドシート標準装備
ヤマハの子供乗せ電動アシスト自転車「PAS Kiss mini un SP(パス・キッス・ミニ・アン・スーパー)」前乗せ用チャイルドシート標準装備

 前乗せ用のチャイルドシートを標準装備するモデルは特殊なハンドル形状となっており、ハンドルの上にチャイルドシートがすっぽり納まる設計になっています。ハンドルの回転軸の上に子供の重心があるのでハンドル操作が安定し、また、通常のセミアップハンドルに後付けする前乗せ用のチャイルドシートに比べて運転者の着座位置とチャイルドシートの間のスペースにゆとりがあり、ペダルを漕ぐ動作の邪魔になりません。

 ただし、前かごを装着できないので荷物を運ぶには後ろの荷台にかごを取り付ける必要がありますが、後ろにもチャイルドシートを取り付けて子供を2人乗せる場合はかごも取り付けられず、荷物を載せる場所が無いのでお買い物の時などは不便かもしれません。

 後乗せ用のチャイルドシートを標準装備するモデルは、20インチの小さいタイヤから26インチまでラインナップが豊富で、乗る人の身長に合わせて選べる幅が広いのも特徴です。

ヤマハの子供乗せ電動アシスト自転車「PAS Crew(パス・クルー)」後乗せ用チャイルドシート標準装備
ヤマハの子供乗せ電動アシスト自転車「PAS Crew(パス・クルー)」後乗せ用チャイルドシート標準装備

 形状は通常の自転車(シティサイクル:ママチャリ)に近いので、前に後付けのチャイルドシートを取り付けても前かごが使えるのは大きなメリットと言えるでしょう。

 また、標準装備の後乗せ用チャイルドシートを外しても、パッと見は通常の自転車なので子供が大きくなった後も使い続けることができます。

 注意したい点としては、ハンドルに後付けの前乗せ用のチャイルドシートを設置すると、ちょっと位置が高いので子どもの頭に視界を遮られる可能性があります。また、ハンドルとの間のスペースが狭くなるので、慣れるまでは少し不安があるかもしれません。

 子供乗せ自転車選びは、子供の年齢や数など、好みだけではなく生活スタイルに合わせて選ぶことが重要です。また、どれにしようか迷った時は、自転車販売店で試乗することをオススメします。そして子供を自転車に乗せる際は、ヘルメットの着用を忘れずに!

【画像】子供乗せ電動アシスト自転車を見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事