ヤマハから「FAZER R AP」が登場! 農業用途の産業用無人ヘリコプターに自動飛行機能を追加した新製品

ヤマハ発動機から、農業用途の産業用無人ヘリコプター「FAZER R」に、自動飛行機能を追加した新製品「FAZER R AP(フェザー アール エーピー)」が登場します。

農業用途の産業用無人ヘリコプターに自動飛行機能を追加した新製品

 ヤマハ発動機から、農業用途の産業用無人ヘリコプター「FAZER R」に、自動飛行機能を追加した新製品「FAZER R AP(フェザー アール エーピー)」が発表されました。同新製品には、散布効率を向上させる機能も追加されています。

農業用途の産業用無人ヘリコプターに自動飛行機能を追加した新製品ヤマハ「FAZER R AP」
農業用途の産業用無人ヘリコプターに自動飛行機能を追加した新製品ヤマハ「FAZER R AP」

 FAZER R APの主な特長は、初心者でも運用が簡単な新型自動飛行用アプリケーション「agFMS-IIh」を用いた自動航行により、高精度な直線長距離散布による大規模農場での散布に対応したこと。そして、自動飛行時にボタン操作で作動する自動離着陸機能や、利便性の高いリモートエンジンスタートなどが採用されたことです。
 
 高度な操縦技術が求められる無人ヘリコプターに自動飛行機能を追加することで、操縦者の負担を軽減するとともに、農薬や肥料などの散布作業の効率化や散布品質の均一化にも寄与します。

 なお、「FAZER R AP」は、10月12日から14日に幕張メッセ(千葉県)で開催される「第12回農業Week」のヤマハ発動機ブースにも、参考出品される予定です。

ヤマハの産業用無人ヘリコプター「FAZER R AP」のスペック
ヤマハの産業用無人ヘリコプター「FAZER R AP」のスペック

FAZER R APの主な特長とは?

●新型自動飛行用アプリケーション(agFMS-IIh)により、自動飛行機能の利便性が向上 

 使い慣れたベテランの人が詳細に飛行設定できる「プロフェッショナルモード」と、初心者でも簡単に飛行設定可能な「シンプルモード」を搭載。

 シンプルモードでは、ガイドに沿った操作で簡単に設定を完了することができます。また、高精度な測位を実現するRTK方式は、従来の基準局モジュールを用いるRTK-GNSS方式と、基準局モジュールが不要なネットワーク型RTK-GNSS方式から選択可能です。

●簡単な自動離着陸機能を装備 

 細かなスティック操作をすることなく、容易な自動離着陸が可能です。

●リモートエンジンスタート 

 機体に接近することなく、適正な距離を保った状態でエンジンスタートが可能です。

【画像】農業用途の産業用無人ヘリコプターに自動飛行機能を追加した新製品ヤマハ「FAZER R AP」を画像で見る

画像ギャラリー

最新記事