「構造変更」……車体サイズや排気量を変更したら忘れずに! カスタム用語集Vol.16

カスタムによって車体寸法が変わったり、乗車定員が変わったりすることがあります。愛車が250ccを超えるバイクの場合、「構造変更申請」が必要です。

構造変更申請とは

 マフラーやハンドル、ウインカーなど、カスタムパーツにはさまざまな種類があります。かつては「カスタム=違法」なんて時代がありましたが、今ではカスタムに対する規制も緩められていて、さらに車検対応のカスタムパーツも数多く発売されています。そのため、合法的にカスタムを楽しむことは決して難しいことではありません。

ハンドル交換などによって、車体寸法が一定の基準を超えた場合、構造変更申請が必要です
ハンドル交換などによって、車体寸法が一定の基準を超えた場合、構造変更申請が必要です

 しかし、合法パーツを装着しさえすれば、まったく問題ないかといえば、じつはそうではありません。排気量が250ccを超える、つまり車検がある車種は、カスタムよって登録内容と大きく変わった場合、構造変更申請を出さなければならないのです。

 具体的に、どういった場合に申請が必要かというと……
・全長±3cm以上
・全幅±2cm以上
・全高±4cm以上
・車体重量±50kg以上
・乗車定員の変更
・エンジン載せ替え(同型式の場合は不要)
・排気量の変更
・フレーム加工

 例えばハンドル交換によって全高が4cm以上高くなってしまった場合や、タンデムステップやタンデムシートを取り除いて乗車定員が2名から1名になった場合に、構造変更申請が必要となります。

イギリスのレーシング・チーム「Team Classic Suzuki(チーム・クラシック・スズキ)」が製作した2008年製「GSX-R1000」ベースの「GSX-1100S KATANA」風カスタム。こうしたカスタム車輌でも必要な書類と手順を踏むことで適切に登録することが可能になります
イギリスのレーシング・チーム「Team Classic Suzuki(チーム・クラシック・スズキ)」が製作した2008年製「GSX-R1000」ベースの「GSX-1100S KATANA」風カスタム。こうしたカスタム車輌でも必要な書類と手順を踏むことで適切に登録することが可能になります

申請手続きと適切なタイミング

 構造変更申請は、所轄の運輸支局もしくは自動車検査登録事務所で行います。必要な書類は以下の通りです。

・構造変更申請書
・自動車検査証(車検証)
・自動車検査票
・定期点検整備記録簿
・自賠責証明書
・手数料納付書
・自動車重量税納付書
・納税証明書
・申請書(2号様式)

 他に、代行者に依頼する場合は委任状が必要です。

 ハンドル交換などで車体寸法が変わる程度であれば、オーナーが自身で申請を行うことも可能でしょう。しかし、フレーム加工などは強度計算書なども必要になり、検査が難しくなります。安易にフレームを切断すれば、構造変更が通らなくなることもありますので、注意が必要です。

 また、構造変更を申請すると「申請日から起算して2年後が車検満了日になる」と定められています。つまり、車検の残り日数が無効となるため、構造変更申請は車検と同時に行うのが理想です。

 ただし、構造変更はカスタムしてから15日以内に申請しなければならないと規定されています。つまり、車体寸法が変わるようなカスタムは、車検満了日の15日前を過ぎてから行うのが良いでしょう。

 上記の書類を揃えたら、所轄の運輸支局や自動車検査登録事務所で検査を受け、問題がなければ車検証が交付されて、手続きは終了です。

ホンダ「グロム」をアドベンチャー風の姿へ一新させるパーツキット装着車。250cc以下のため、検査はなく、書類のみで申請可能です
ホンダ「グロム」をアドベンチャー風の姿へ一新させるパーツキット装着車。250cc以下のため、検査はなく、書類のみで申請可能です

250cc以下のバイクは?

 250cc以下のバイクには車検がありません。そのため、126cc超250cc以下の軽二輪は運輸支局、125cc以下の原付・原付二種バイクは市区町村役場に「改造申請」を届けます。

 この場合、検査はなく、書類申請のみで終了です。

【画像】構造変更が必要なカスタムバイクと書類申請のみでOKな250cc以下のカスタムバイクを画像で見る(10枚)

画像ギャラリー

Writer: 佐賀山敏行

カスタムバイク専門誌の編集長を経て、現在はヤマハSR400/500に特化したWEBマガジン「The SR Times」を運営する。自身も現在93年式と14年式の2台のSRを持つフリークだが、基本的にはバイクは何でも好き。

最新記事