KTM「1290スーパーデュークR」 野獣を自分の手足のように操る充実感

扱いやすいエンジン特性に、素直なハンドリング

 実際に乗るとどんなフィーリングなのか。ここからはそのインプレッションを中心にお届けしましょう。

快適なライディングポジション

 まずは見た目から。燃料タンクにボリュームがあり、全長も長め。しかもフロントマスクやカウルはシャープさが際立つため、ビギナーや小柄なライダーにとっては圧迫感があるかもしれません。ところがシート高自体は極端に高くなく、一度またがってしまえばライディングポジションは快適そのもの。アップハンドルのおかげで前傾姿勢も緩やかです。

 キーレスシステムを採用しているため、キーを携帯していればエンジンはそのままスタート。スロットルをあおるとその排気量をまったく感じさせないほど軽やかに回転が上昇します。軽いのはレバーやペダルも同様です。わずかな力で操作でき、クラッチもスムーズにつなぐことができるため、特別な技術がなくても普通に走り出せるはずです。

 そのままペースを上げていっても扱いやすさは変わらず、エンジンにも足まわりにもガツガツした激しさはほとんど感じられません。実はココが大きく進化したポイントで、先代モデルは前へ前へと進みたがる車体を時々なだめる必要がありました。元気があり余っている大型犬を散歩させる時のように多少体力が必要でしたが、このモデルは完璧にしつけられていて従順そのもの。途方もないパワーをしっかりコントロールすることができます。

素直なハンドリングの「1290スーパーデュークR」

 ハンドリングも素直でヘアピンのような小さなコーナーでも軽快にクリアできます。路面が少々荒れていたとしても頑強な車体としなやかな足まわりが衝撃を吸収し、ライダーを守ってくれるような頼もしさに溢れています。

 とはいえ、本質は大型犬どころか野獣です。優しそうに見えるのは電子デバイスのおかげであることを忘れてはいけませんが、なんにでも使える万能バイクとして長く付き合える1台になるでしょう。

 試乗したユーザーからは「初めは不安でしたが乗りやすくて驚きました」とか「排気量はとても大きいのに軽量で扱いやすかったです」という声が多く聞かれています。平均的な体格は求められるものの、野獣恐れるに足りず。もの凄いスペックを自分の手で操っている充実感を満たしてくれるバイクが、この1290スーパーデュークRです。

 KTM「1290スーパーデュークR」の価格は、199万9000円(税込)です。

【了】

提供:くるまのニュース

この記事の画像をもっと見る(13枚)

画像ギャラリー

Writer: 伊丹孝裕

二輪専門誌「クラブマン」編集長を務めた後にフリーランスとなり、二輪誌を中心に編集・ライター、マシンやパーツのインプレッションを伝えるライダーとして活躍。マン島TTやパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムなど、世界各国のレースにも参戦するなど、精力的に活動を続けている。

1 2

最新記事