より熟成されたヤマハのロングセラー「SR400」 大きく変わっていないことが何よりも嬉しい!!

新旧のヤマハ「SR400」と筆者(青木タカオ)
キックスタートはSRのひとつの特徴にもなっている“目覚めの儀式”(写真は初挑戦した小野木里奈さん)
キックスタートの際に最適なポジションを出すための「デコンプ」レバー
エンジン右側上部にある「キックインジケーター」は、丸いのぞき窓に金属が見えたらキックペダルを踏み込むのに最適な状態(写真右)を示す
現行モデル(2018年型)にはエンジン前方下部左側に蒸発ガソリンの外気への排出を低減する「キャニスター」が装備された
ヤマハ「SR400」は軽快なハンドリングが楽しめるライトウェイトスポーツ
先代(2017年型)のヤマハ「SR400」に乗る筆者(青木タカオ)
見た目は大きく変わらず「SR」のイメージを継承(左が2018年型)
現行(2018年型)のヤマハ「SR400」に乗る筆者
ヤマハ「SR400(2018年型)」(ヤマハブラック)

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事