スズキ「RG250ΓWalter Wolf」は、ウォルター・ウルフとスズキが共鳴し合い誕生したサーキットの狼!!

1981年「RGΓ500(XR35)HERON」は初めてΓ(ガンマ)の名称を使用したマシン(ランディ・マモラ車)
フロント16インチのゴールドに塗られたホイールにピストンキャリパー(DECA-PISTON)装備
トップブリッジ下に配置されたセパレートハンドルでレーサーイメージを強調
タンク上部には「Walter Wolf Racing」の文字が入っています
やっこだこと言われたテールカウルは初期型より変更されました
カウルの至る所に「Walter Wolf」のロゴが入る
スズキ「RG250ΓWalter Wolf(ウォルター・ウルフ)」
スズキ「RG500ΓWalter Wolf(ウォルター・ウルフ)」
サイレンサー部分以外カウリングが覆うスタイルとされたRG250Γ

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事