インディアンモーターサイクル「FTR1200S」 見た目も乗り味もパンチの効いたストリートモデル

インディアンモーターサイクル「FTR1200S」と筆者(青木タカオ)
身長175cmの筆者(青木タカオ)がまたがった状態では片足がかかとまで地面に届き不安感はない
新デザインのヘッドライトはLEDを採用し、ハンドルは先端に向けて細くなるテーパータイプを装備(プロテーパー製)
メーターには4.3インチのフルカラー液晶ディスプレイで視認性も良好なタッチパネルを採用
燃料タンク位置にはタンクカバーを装備して実際のタンクはシート下にかけて配置される
トラックレーサーをイメージさせるトラッカーシートには走行時の快適性も持たされている
インディアンモーターサイクル「FTR1200S」に試乗する筆者(青木タカオ)
インディアンモーターサイクル「FTR1200S」に試乗する筆者(青木タカオ)
新設計となる排気量1203ccの水冷V型2気筒エンジンを搭載
レーストラックで生まれたスタイリングをストリートモデルへ反映
直線でつながるようにデザインされたトラスフレームとリアスイングアーム
ナンバープレート、ウインカーはスイングアームマウントとして車体後半部分をすっきりしたデザインに

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事