大型スポーツネイキッドのヤマハ「MT-10 SP」 高いレベルのスポーツ性能をツーリングでも味わえるチューニングに

ヤマハ「MT-10 SP」と筆者(松井勉)
身長183cmの筆者(松井勉)がシート高825mmの車体にまたがった状態
身長183cmの筆者(松井勉)がシート高825mmの車体にまたがった状態
LEDを採用した2眼タイプのヘッドライト。レンズ周りのカウルやショートスクリーンは、高速巡行も前提とした機能性を備えたもの
「SP」にはフルカラーTFT液晶メーターを標準装備
アップライトなライディングポジションを形成するハンドルバー。走行モード切り替えは右の専用ハンドルスイッチ(ホイールスイッチ)で操作し、左ハンドルスイッチでクルーズコントロールのほか各種電子制御の設定を選択
前後一体型のシートはタンク側が細く絞られた形状。「SP」にはスウェード調の表皮を採用
シートを外した状態。何かを積載するスペースは設けていない
シートを外す際は、リアフェンダー裏の丸キャップをめくると現れるキーシリンダーから解除する
テールランプやウインカー、ナンバーを照らすランプなどもLEDを採用
エンジンは排気量997ccの水冷直列4気筒を搭載。使用される複数のボルトをあえて際立たせることで“機械感”を強調
フロントブレーキはラジアルマウントされた対向4ピストンのブレーキキャリパーとダブルディスクの組み合わせ。リムのグラフィックは「YZF-R1M」との共通性と、「SP」専用のグラフィックが施されている
不等間隔爆発独特のリズムを刻む4気筒エンジンの排気音は、しっかり消音されたおとなしい印象。リアブレーキにはNISSIN製シングルピストンキャリパーを装備
表面をバフ仕上げとした艶やかな光沢を放つスイングアーム
電子制御のリアサスペンションもオーリンズ製
シフトペダルの先にはシフト操作をサポートするQSS(クイック・シフト・システム)を装備。カスタムパーツのような仕上がりのステップまわりも“機械感”を演出する作り
ヤマハ「MT-10 SP」に試乗する筆者(松井勉)
ヘッドライトをフレームマウントとした独特なデザインのフロントフェイス。「SP」にはオーリンズ製のセミアクティブ電子制御サスペンションを標準装備
視覚的にも車体中央へ塊が寄せられたような凝縮感を演出したスタイリング
スーパースポーツモデル「YZF-R1」とプラットフォームを共通としながらも、まったく異なるチューニングでクルージングからワインディングまで楽しさを堪能できる

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事