ボッシュが自動事故検知・緊急通報機能・個人用緊急対応システムを統合 バイク向けアプリとの連携で二輪車の安全性を向上

ボッシュが開発を進める「アドバンスト・ライダー・アシスタンス・システム」。レーダーが感覚器官として機能することで、車両の周囲の状況を正確に把握できるようになります(写真はドゥカティ「ムルティストラーダ1260S」)
ボッシュが開発を進める「アドバンスト・ライダー・アシスタンス・システム」。レーダーが感覚器官として機能することで、車両の周囲の状況を正確に把握できるようになります(写真はドゥカティ「ムルティストラーダ1260S」)
ボッシュが開発を進める「アドバンスト・ライダー・アシスタンス・システム」
ボッシュが開発を進める「アドバンスト・ライダー・アシスタンス・システム」
ボッシュが開発を進める「アドバンスト・ライダー・アシスタンス・システム」
ボッシュが開発を進める「アドバンスト・ライダー・アシスタンス・システム」
ボッシュが開発を進める「アドバンスト・ライダー・アシスタンス・システム」
ボッシュが開発を進める「アドバンスト・ライダー・アシスタンス・システム」
ボッシュが開発を進める「アドバンスト・ライダー・アシスタンス・システム」
ボッシュの緊急通報ソリューション「ヘルプコネクト」(イメージ画像)
ボッシュの緊急通報ソリューション「ヘルプコネクト」(イメージ画像)。事故現場へより迅速に誘導することが可能となります

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事