KTM新型「RC390」 チーフエンジニアに聞く、マシンから伝わる“手応え”の謎

新型では従来型に比べ、バッテリーや燃料タンクなどの重量物がマスの集中化とは逆に、やや離れた場所へ配置されている
フレームには縦曲げ剛性を同等のまま、横曲げ剛性とねじり剛性を下げる方向で、剛性チューンが行なわれた
KTM「RC390」(2022年型)のレーストラック仕様(手前)と公道仕様(奥)
試乗会場(サーキット試乗)に並べられたKTMの新型「RC390」(2022年型)
試乗会場(サーキット試乗)に並べられたKTMの新型「RC390」(2022年型)
KTM「RC390」(2022年型)に試乗する筆者(和歌山利宏)
和歌山さんのインタビューに応じてくれた、新型「RC390」チーフエンジニアのShaun Anderson(ショーン・アンダーソン)氏
新型では従来型に比べ、バイク設計の定石であるマスの集中化をあえて崩すことで、ライダーに適度な手応えを与えている
KTM「RC390」(2022年型)に試乗する筆者(和歌山利宏)

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事