要望に応えて2スト新型登場!? ジャンプも豪快にキメられる!! ヤマハ「YZ125」試乗

ヤマハ「YZ125」(2022年型)と筆者(青木タカオ)
17年ぶりにフルモデルチェンジとなった2ストロークマシン、ヤマハ「YZ125」(2022年型)に試乗
17年ぶりにフルモデルチェンジとなった2ストロークマシン、ヤマハ「YZ125」(2022年型)に試乗
17年ぶりにフルモデルチェンジとなった2ストロークマシン、ヤマハ「YZ125」(2022年型)に試乗
ヤマハ「YZ125」(2022年型)。フラッグシップモデル「YZ450F」直系の最新車体デザインを採用
完全新設計となった排気量124ccの水冷2ストローク単気筒エンジン。キャブレターはKEIHIN「PWK38」を新採用
完全新設計となった排気量124ccの水冷2ストローク単気筒エンジン。キャブレターはKEIHIN「PWK38」を新採用
サイレンサーも新設計。全長を従来モデルより50mmショート化し、軽量化とともにレース音量レギュレーションもクリアしている
エンジンへの吸気をストレートにすべく、サイドカバー後方から直線的に外気を導入する後方ストレート吸気に。流入空気の抵抗低減を狙いシート裏側にフィンを設け、リアフレーム形状変更、エアフィルターケージまで徹底的に見直された
前後サスペンションは4ストローク「YZ」モデル同様のKYB製を装備
フロントタイヤサイズは80/100-21 51M (チューブタイプ)
リアタイヤサイズは100/90-19 57M (チューブタイプ)
YZシリーズの開発に関わったみなさん
17年ぶりにフルモデルチェンジとなった2ストロークマシン、ヤマハ「YZ125」(2022年型)に試乗する筆者(青木タカオ)
17年ぶりにフルモデルチェンジとなったヤマハの2ストロークマシン「YZ125」(2022年型)
どこからでも力強いパワーを発揮するエンジン特性は、ライダーの疲労軽減につながる
プロジェクトリーダー上村正毅さん(OV開発部YZグループ)に話を伺う筆者(青木タカオ)

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事