ホンダ製ヤマハ原付一種スクーター「Vino」から新色登場

ヤマハの原付一種スクーター「Vino」は、新色を含む合計6色のカラーリングを設定し2月1日より発売開始します。

20万円以下で販売される原付一種スクーター

 ヤマハは、レトロポップな原付一種スクーター「Vino(ビーノ)」のカラーリング設定とグラフィックを変更し、2019年カラーとして2019年2月1日より発売します。

ヤマハ「Vino」パールシャイニングイエロー(新色)

 今回発売される新色は、ポップで元気な「パールシャイニングイエロー」、ナチュラルでやわらかな「プコブルー」、さわやかでアクティブな「アーベインデニムブルーメタリック」の3色です。

「Vino」のカラーラインナップは継続色も含めて6色展開となります。

 また、“アイドリングストップ・システム”“コンビブレーキ”“アクセサリーソケット内蔵グローブボックス” などの機能・装備は、現行モデルから継続しています。

「Vino」の製造は、昨年より本田技研工業が行っており、ヤマハ発動機にはOEM供給されています。

「Vino」の価格(税込)は19万9800円、販売計画台数は年間シリーズ合計9000台です。

【了】

提供:くるまのニュース

ヤマハ原付一種スクーター「Vino」の写真を見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事