アップライトな乗車姿勢でイージーライドが楽しめるアドベンチャーバイク BMW Motorrad「F750GS」はオールラウンドなキャラクター

どんなシチュエーションにも平均点以上で応える万能選手

「F750GS」を目の前にすると、大型アドベンチャーバイクではあるものの手ごわいと感じることはありません。このカテゴリのなかではハンドルや燃料タンクの位置が低く、ちょっと大きめのオンロードバイクに対峙している印象です。

BMW Motorrad「F750GS」オースティン・イエロー・メタリック

 またがってみると身長175cm、体重62kgの体格で両足が軽く地面に届きます。地面が砂利や荒れた状況でも、片足でしっかり支えられるのは大きなアドバンテージです。実際に走ってみても、いたってニュートラルな乗車姿勢のおかげで車体の挙動にもすぐに反応でき、幅が広いハンドルバーは、グリップへ手を伸ばすと若干肘を開くことになり、これが不整地では良い方向に働き、走り出しても上半身に余計な力は入らず、結果として車体は素直に進みます。

 市街地でも大きなバイクに乗っている緊張感はなく、さらに峠道へ移動してコーナリングを楽しんでいると、旋回時の素直な操作性にちょっと感動します。オフロードでの走破性も備えながら、じつはアスファルトの上でこそ本領を発揮する印象を受けました。

 上体をタンクへかぶせるようにやや前傾で加速しつつ、コーナー手前でしっかり減速、曲がりたい方向へ視線を送りながら車体を外足の内ももで抑え込むと、じつに素直に旋回してくれる、コーナリングが楽しいバイクです。白いガスに包まれた雨の峠道を走っていると、この優れた操作性が絶大な安心感につながります。

 また、標準装備のABS(アンチロック・ブレーキ・システム=ブレーキをかけてタイヤがロックしてもグリップを復旧してくれます)やASC(オートマチック・スタビリティ・コントロール=タイヤの空転を制御してくれます)、ライディングモード(走行状況に応じて出力などを電子的に制御してくれます)の切り替えなど、充実の安全装備もツーリングにはうれしい限りです。

 高速道路でもストレスなく移動でき、気が付けばあらゆる走行シーンでなんの不満もなく走り続けることができました。もっとオフロードを積極的に楽しみたい、さらに遠くまで移動したい、そんな人には「F850GS Adventure」や「F850GS」という選択肢があります。

 BMW Motorrad「F750GS」の価格(税込)は、129万6000円~です。

【了】

BMW Motorrad「F」シリーズの画像を見る(5枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事