ホンダ新型「CRF450R」登場 燃料噴射のセッティングを最適化し扱いやすさを向上

ホンダは新型のモトクロス競技専用車「CRF450R/CRF450RX 」を8月30日に受注限定で販売します。2020年モデルとなる同モデルでは、新機能を採用することで扱いやすさが向上しています。

新機能の採用で操縦安定性を向上

 ホンダは、モトクロス競技専用車「CRF450R」とエンデューロ競技専用車「CRF450RX」の新型車を2019年8月30日に受注期間限定で発売します。

CRF450RXエクストリームレッド(写真は輸出仕様車)

 新型CRF450R/CRF450RXでは、急な路面状況の変化によるリアタイヤの空転を抑制し、効率よく動力を伝達する3段階のレベル選択が可能な「ホンダ・セレクタブル・トルク・コントロール(HSTC)」を初採用するとともに、エンジンの回転上昇を瞬時にコントロールし安定したスタートを実現するローンチコントロールシステムを、より緻密に制御できるように進化させています。

 あわせて燃料噴射のセッティングを最適化することで、エンジンの低回転域での扱いやすさを向上させました。

 車体においては、バッテリー搭載位置を変更し低重心化を図ったうえで、前後サスペンションのセッティングを最適化することで、操縦安定性を高めています。

 ホンダのモトクロスマシンのアイデンティティーを継承するエクストリームレッドのボディカラーを採用した新型CRF450R/CRF450RXは、価格(消費税込)97万7400円からで、受注期間は2019年5月23日(木)から12月31日(火)まで、販売計画台数はシリーズ合計80台となっています。

【了】

CRF450R/CRF450RXの画像を見る(7枚)

画像ギャラリー

最新記事