アプリリア「SX125」スポーツ性を優先させた装備はイタリア人好み

アプリリア「SX125」は、オフロード仕様のRX125をオンロード仕様の足まわりなどを組み合わせ、同クラス国産スポーツモデルと比較すると戦略的な価格設定を実現したモタードモデルです。

気軽に乗れないシティコミューターとは!

 下は50ccのスクーターから、上は1100ccのスーパースポーツまで幅広く展開するイタリアのフルラインナップメーカーがアプリリアです。日本ではちょっとマイナーながらヨーロッパでは大きなシェアを持ち、そのスポーティさで人気を博しています。

「SX125」と筆者(伊丹孝祐)

 そんなアプリリアから登場したモタード仕様が、この「SX125」です。モタードとは、オフロードバイクの車体にオンロードバイクの足まわりを組み合わせ、ダートとアスファルトが入り混じったコースを走るバイク界の異種格闘技戦と呼べるもの。SX125は排気量こそ125ccを小さめながら、それをイメージした本格的な装備が盛り込まれているのです。

 モタードのセオリー通り、ベースになっているのは「RX125」というオフロードモデルです。フロントに21インチ、リヤに18インチホイールを装備しているそれを、前後とも17インチにダウン。これによってオンロードでのハンドリングが高められているというわけです。

ホイールを前後17インチ化しオンロードでのスポーツ性を重視

 ホイールが小径化されたとはいえ、シート高は880mmとかなり高め(RX125はさらに高い905mm)。足つき性のことだけを考えると、成人男性の平均的な体格があるに越したことはなく、小柄なライダーにとっては少々無慈悲かもしれません。

 125ccのピンクナンバーバイクと言えば、日本では気軽に乗れるコミューターが大半を占める一方、イタリア人はスポーツ性を優先。「便利で扱いやすいモデルなら他をどうぞ。コレ、そういうのじゃないんで」と清々しいほどの割り切りっぷりです。

 裏を返せば、それさえ問題にならなければあとはライディングファンにあふれています。最高出力は15HPなので数値的にはどうってことないものの、車重は134kgと軽く、加速力は必要十分以上。交通の流れを余裕でリードすることができ、その時にカツンカツンと小気味よく切り換わっていくミッションの精度は、きちんと組まれたレーシングマシンさながらの心地よさでした。

少々ラフに扱っても抜群の安定感を実現

 高く、軽く、スリムな車体ながらハンドリングには落ち着きがあり、大きくストロークするサスペンションとしっかりとグリップするタイヤ、頑強なフレームのおかげで、抜群の安定感を披露。少々振り回したくらいではビクともしないため、サーキットを走らせてもかなりのポテンシャルを発揮してくれるに違いありません。

 また、なにより特筆すべきはコストパフォーマンスの高さでしょう。41万400円の車体価格は、スズキ・GSX-R125の38万6640円やホンダ・CB125Rの44万8200円といった同クラスのモデルに対して実に戦略的。スポーツ性の高さと装備の充実度ではSX125に軍配が上がるため、かなり魅力的な選択肢になるはずです。

イタリアメーカー独特の本気走りを体感するにはもってこいのモデル

 ちなみに、オフロード仕様のRX125はさらにお得な39万9600円とのこと。125ccクラスだからといってまったく手抜きのない、イタリアンメーカーの本気を体感してみてはいかがでしょうか。

【了】

アプリリア「SX125」の画像を見る(9枚)

画像ギャラリー

Writer: 伊丹孝裕

二輪専門誌「クラブマン」編集長を務めた後にフリーランスとなり、二輪誌を中心に編集・ライター、マシンやパーツのインプレッションを伝えるライダーとして活躍。マン島TTやパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムなど、世界各国のレースにも参戦するなど、精力的に活動を続けている。

最新記事